Amazon

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月28日 (水)

光則寺は早春の香り

晴れたり曇ったり、午後一時雨が降って、寒い今日の鎌倉です。

光則寺でも、紅梅とロウバイが満開。
白梅がその後を追い、参道から境内まで梅とロウバイの香りに包まれています。
その他にも、ツバキやスイセンが咲き、ミツマタの蕾がほころび始めていました。

Kosokuumerobai090128
参道の白梅とロウバイ

Kosokukobai090128 
満開の紅梅

Kosokuume090128
紅白のウメ

Kosokurobai090128
境内にも沢山のロウバイが香っています

Kosokumanryo090128
マンリョウとスイセン

Kosokutubaki090128
池の畔の大きなツバキ

Kosokumitumata090128
ミツマタ

2009年1月25日 (日)

満開の紅梅@本覚寺

本覚寺の紅梅は、ほぼ満開。
昨年より半月以上早いようです。
それだけ暖冬なのでしょうね。

Hongakuumeaka090125
分骨堂前の紅梅
文字通り紅色です

Hongakuumepink090125
本堂左の紅梅
こちらは甘いピンク色

Hongakuumesiro090125
白梅の見頃はこれからです

Hongakusuisen090125
暖かい日差しを受けてスイセンも元気

常栄寺の梅

常栄寺(ぼたもち寺)の梅が咲き出しました。
紅梅の方が早くて3分咲きくらい、白梅はまだまだこれからでした。

Joeikobai090125
紅梅が先に花開いて・・・

Joeihakubai090125
白梅が追いかけます

Joeiinari090125
境内には、稲荷社もあります

紀ノ国屋前でお神楽

今朝は、この冬一番の冷え込みだったのではないでしょうか?
午前中、垣間見た富士山はとてもきれいでした。

市役所の近くを歩いていたら、どこからかお囃子の音色が・・・
どこのお祭り?と思っていると、紀ノ国屋の店頭で、島根県美郷町の石見神楽が演じられているところでした。
21日から27日まで、島根フェアが行われているので、その宣伝だったようです。

Kinokuniyakagura090125
青空の下、いろいろな演目が上演されていました

Kinokuniyakagura0901252
黒山の人だかり

2009年1月21日 (水)

鶴岡八幡宮の寒ボタンと厄除大祭

鶴岡八幡宮の神苑「ぼたん庭園」では、寒ボタンが満開です。
蛇の目傘や藁囲いで寒さから守られながら、沢山のボタンが誇らしげに美しさを競い合っていました。
華やかな中にも、春ボタンとはまた違った趣を味わえます。
入園料は500円で、2月下旬頃までとなっていますが、気候等により若干ずれる場合があるようです。

Hachimangubotan090121

Hachimangubotan0901213

Hachimangubotan0901212

Hachimangubotan0901214

Hachimangubotanen090121

また、八幡宮では、1月30日から2月1日まで「鶴岡厄除大祭(鶴岡厄除大祈祷)」として、厄除・開運厄除の大祈祷を執り行います。
通常の祈願とは異なって、各自の氏名が記された厄難札(やくやきふだ)を火にくべて、より強く祓いを行うそうです。

Hachimangu090121

Yakuyoke090121

「鶴岡厄除大祭」1月30日(金)午前9時

「厄除大祈祷」  1月30日(金)
                        祭典終了後~午後4時半
                     1月31日(土)・2月1日(日)
           午前8時半~午後4時半

Hachimanguhakubai090121
梅も咲いています

段葛のスイセン

曇りで時々薄日が差す寒い日です。
段葛には「鶴岡厄除大祭」の提灯がズラッと並んでいます。
車道側にはスイセンが元気よく咲いていました。

Dankazura090121

Dankazura0901212

2009年1月20日 (火)

荏柄天神社の梅

天神様といえば、受験の神様、そして梅・・・
荏柄天神社では、早くも紅梅が満開となり、白梅も3部咲きくらいになっていました。
25日10時30分からは、「初天神・筆供養」が執り行われます。
今年は日曜日とあって、例年以上の賑やかさとなることでしょう。
昨年の「初天神・筆供養」の様子は、こちらをご覧下さい。

Egaratenjin090120
本殿と鎌倉で一番早く咲く寒紅梅

Egaratenjin0901202
白梅

Egaratenjin0901203
受験シーズンを迎えて、合格祈願の絵馬が沢山かかっています
受験生、頑張れ!!

2009年1月18日 (日)

寸松堂(すんしょうどう)

長く続いた晴天も一休みで、午後からお天気は下り坂です。
用事があって、久しぶりに由比ヶ浜大通りを歩きました。
小町通りなどと違い、この辺りの店舗はそれほど入れ替わりが激しくないように思われます。

バス停「笹目」の近くにある「鎌倉彫・寸松堂」の建物は、「鎌倉市景観重要建築物」に指定されています。
昭和11年に鎌倉彫の店舗併用住宅として建てられたもので、1階店舗部分のガラス戸、ショーウィンドウなどに近代洋風建築の技術が見られますが、全体としてはお寺とお城が合体したような外観です。
第1回鎌倉検定の3級の問題としても出題されました。

Sunshodo090118

Sunshodo0901182

2009年1月16日 (金)

英勝寺・門前の梅

今朝は洗濯物を干そうとしたら、ベランダの手すりが凍り付いていました。
一年で最も寒い時期ですので、当然かもしれませんね。

それでも英勝寺の門前の梅は、七部咲きくらいになっていました。
昨年に比べて、半月ほど早いような気がします。
梅の香りは上品でとてもよいですね。
春の来るのが待たれます。

Eishojiume090116

Eishojiume0901162

2009年1月13日 (火)

静かな光明寺

材木座海岸まで来たので、すぐそばの光明寺へ新年のご挨拶に向かいました。
広々とした境内には、参拝者も少なく、静寂そのもの。
その内、本堂で読経が始まりました。

Komyoji090113
山門下から見た境内

Komyojisanmon090113
本堂側から見た山門

Komyojikoji090113
法主棟・大聖閣の再建工事中
どのような建物が出来上がるのか楽しみです

今日の材木座海岸

甘縄神明宮から見た海がきれいだったので、材木座海岸まで散歩してみました。
今日は潮が満ちていて、和賀江嶋(わがえじま・わかえのしま)は、少し頭を出している程度。
富士山も見えましたが、周囲には雲がかかっていました。

Zaimokuza090113
ウィンドサーフィンの準備中
拡大クリックしていただくと、中央に富士山が見えます

Wagaejima090113
和賀江嶋は、殆ど海中に

新年の甘縄神明宮

10日からの三連休は、三が日に続く混雑・渋滞の第二のピークだったようです。
今日からは、ようやく普段の落ち着きを取り戻しつつある鎌倉です。

鎌倉で最も古い神社・甘縄神明宮では、明日14日にお正月飾り等のお焚き上げ(どんど焼き)が行われます。
私も我が家のお飾りを納めに行ってきました。
高い石段の上にある拝殿横からは由比ヶ浜が望め、石段の下には北条時宗公が産湯をつかったといわれる井戸があります。

Amanawahaiden090113
拝殿

Amanawaumi090113
海が光っています

Amanawatabu090113_2
大きなタブノキが枝を広げています
(かまくらと三浦半島の古木・名木50選)

2009年1月10日 (土)

八雲神社(大町)へお参り

本覚寺の後、大町の八雲神社へお参りに行ってきました。
この神社は、鎌倉最古の厄除けのお社だそうです。
本覚寺の賑わいをよそに、ヒッソリと静かな境内にポツリポツリとお参りの人がやってきました。
神社の裏山は、東勝寺跡に通じる「祇園山ハイキングコース」になっていて、なかなかの眺望です。

Yakumojinja090110

Yakumojinja0901102

本覚寺の本えびす

昨日は雪の予報もありましたが、終日冷たい雨。
商売繁盛の神「えびす様」のお祭りが行われる今日は、朝から晴天に恵まれました。

本覚寺では、元日から三が日の間、「鎌倉えびす」と呼ばれるお祭りが行われていましたが、10日の今日が「本えびす」です。
午前11時から夷堂(えびすどう)で祈祷が行われ、正午からはメインイベントの福娘さん達による「福餅つき」が夷堂前で始まりました。
その後、「福餅」が参詣客に振る舞われます。
司会の方のお話では、振る舞い用のお餅は、1000人分あるとか・・・
中には一人で何度も並ぶ人もいるようですが、私はあまりの長蛇の列に怖れをなして、今年も遠慮してしまいました。

土曜日と重なって、境内は例年以上の大賑わい。
商売繁盛を願う人達が、鳳凰竹(ほうおうちく)に大福帳、打ち出の小槌、宝船などの縁起物が飾られた「福笹」を次々と求めてゆきます。
厳しい世の中になってしまいましたが、えびす様の御利益があるとよいですね。

Kamakuraebisu090110
郵便局側の山門

Mochituki090110
福娘さん達の福餅つきが3回行われました
(手前の黒い影は前の方の帽子です)

Fukuzasa090110
福娘さん達が、福笹やお饅頭、甘酒等を売っています

Hongakujikeidai090110
大賑わいの境内
福餅の振る舞いを受ける長い行列が出来ています

Nigirifuku090110
「にぎり福」 500円
親指の先ほどの手作りのお守りで、頭の上に「愛・健・財・学・福」の五文字の内、一文字が書かれています
これを毎日握ると御利益があるそうですよ
昨年は「健」を選んだので、今年は「福」にしてみました

Hongakujisanmon090110
妙本寺側の山門も賑やかです

2009年1月 4日 (日)

八幡宮周辺は大混雑

海蔵寺の後、鶴岡八幡宮に廻ってみました。
昨日までの交通規制が解除されて、車も一気に増え、裏道までも大渋滞。
特に、旧川喜多邸前の通りは、ビッシリ並んだ車が殆ど動けない状態でした。
鎌倉駅周辺では、西から東へ抜けるのに他に道がないので、この狭い通りはいつも混雑しています。

八幡宮に到着してみると、境内から人があふれそうなほどの大混雑。
今日は午後1時から「手斧始式(ちょうなはじめしき・・・建築関係者の仕事始めの神事)」が舞殿で行われ、その後だったので少しは空いているかと思ったのですが、予想以上の賑わい振りでした。
お正月休みは今日まで・・・という方も大勢いらっしゃるのでしょう。
大石段の上り規制は大分手前から行われているようで、太鼓橋の辺りから遙か上宮に向かって手を合わせている人もいました。
私も境内入り口でUターン。

Hachimangu090104
鶴岡八幡宮の境内は大賑わい

鎌倉駅方面に戻る途中の「山中材木店」さんで、毎年恒例の材木に描いた干支の絵を楽しませていただきました。
今年は、闘争心のある強そうな牛ですね。

Yamanakazaimokuten090104
材木年賀状?

その後、チョットだけ小町通りを歩いてみたら、思うように前に進めないほどでした。

Komachidori090104
小町通り入り口

新春の海蔵寺

新年初のお寺参りは、やはりここ海蔵寺から。
山門と本堂には、「海蔵寺」の提灯が飾られています。
まず本堂に「今年もよろしく」のご挨拶をしました。
境内には、スイセン、ロウバイが咲き、紅梅もほころび始めています。

Kaizojisanmon090104
山門より

Kaizojihondo090104
本堂

Kaizojisuisen090104
香りのよいスイセン

Kaizojikobai090104
ほころび始めの紅梅

Kaizojimitumata090104
ミツマタは、まだ蕾

Kaizojiyukiyanagi090104
ユキヤナギの紅葉

2009年1月 1日 (木)

元日の富士山@稲村ヶ崎

初詣の後、一旦帰宅してから稲村ヶ崎へ。
海は穏やかに凪いでいます。
雲も殆どなく、スッキリとした富士山に出合うことが出来ました。

Inamurafuji090101

Inamurafuji0901012

鶴岡八幡宮に初詣

新年おめでとうございます。
皆様、どのようなお正月をお過ごしでしょうか?
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末に引き続き、穏やかな晴天に恵まれた元旦を迎えました。
昨年の初詣ランキングでは、全国5位,247万人の人出を記録した鶴岡八幡宮へ元日早々お参り。
大石段の上り規制が始まらない内にと、例年通り午前7時過ぎに到着しました。
午前6時の予想気温が0℃ということで、完全武装で出かけましたが、家から早足で歩いたため、うっすらと汗ばんでしまいました。

昨年の同時刻より若干人出が多く感じられたのは、不況で神頼みが増えたお陰でしょうか?
でも、お参りを済ませて帰途についた7時30分頃は、まだ階段規制は始まっていませんでした。

Gantanmaiden090101
舞殿では、「元始祭」が執り行われていました。

また、元日から7日まで、「御判(ごはん)行事」が行われます。
「御判行事」とは、昔、戦に出陣する武士が八幡大神の加護を受けた故事に由来する行事で、現在では、無病息災や開運・合格などを祈る参拝者が、舞殿上でご神印を受け、玉串を捧げてお参りします。(初穂料 1000円 特別神符授与) 

Hatumode090101
午前7時10分頃
まだ上り規制は行われていません

Hatumode0901012
今年は、「迎春」の文字が赤でなくて緑
エコロジーを意識して??

Daruma090101
お正月で露店も賑やか
縁起物のダルマを求める人

Konpeito090101
色鮮やかな「こんぺいとう」

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »