Amazon

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

年末年始の交通規制

鎌倉では例年通り、鎌倉駅周辺を中心に、広い範囲で車両通行止めなどの交通規制が実施されます。

交通規制の日時
 ☆12月31日22:00~1月1日17:00
 ☆1月2日・3日9:00~17:00

鎌倉市内中心部への車の乗り入れはできません
鎌倉市内中心部へ通じる交差点では、迂回の規制がされます
歩行者用道路には、自転車(軽車両)の乗り入れもできません

交通規制図は、こちらをご覧下さい。


今年も、あと数時間となりました。
一年間、このブログにお付き合い下さり、ありがとうございました。
皆様、どうぞよいお年をお迎え下さい。

2008年12月30日 (火)

光則寺のロウバイ

いよいよ明日は、大晦日。
このところ穏やかな日和が続いている鎌倉です。
年末なので、観光客はいないかと思いましたが、長谷通りは予想外に賑やかでした。

光則寺では、参道と境内のロウバイが咲き始め、優しい香りを漂わせています。
数種類のツバキも咲いて、冬枯れの庭に彩りを添えていました。
このお寺には、長生きのクジャクがいたのですが、今年の夏に死んでしまったとのこと。
幼稚園児達にも人気者だったのに残念です。

Kosokurobai081230
参道のロウバイ

Kosokusanmon081230
お正月を待つ山門

Kosokuwabisuke081230
ワビスケ(姫)

Kosokumanryo081230
マンリョウ

2008年12月25日 (木)

歳末の大巧寺

皆様、ステキなクリスマスをお過ごしでしょうか?

買い物途中で立ち寄った大巧寺
山門前には門松が立てられ、本堂では障子の張り替え中。
もうすっかりお正月の準備万端といったところでした。
境内には早くも数種類のツバキが咲き始めています。
少々季節はずれのボケやヒマラヤユキノシタも見られました。

Daigyokadomatu081225
門松

Daigyoyukijitaku081225
わら帽子を被った植物達

Daigyoji081225
本堂は障子の張り替え中

Daigyotubaki081225
ツバキ

Kuroganemochirindo081225
門前のクロガネモチ(多分)と京急りんどう号

2008年12月22日 (月)

風が吹くと・・・

今日は朝から20℃近い暖かさで、とても強い風が吹いています。
この季節、風が強いと憂鬱なのが、掃いても掃いても落ち葉が舞い散ってくること。
まぁ、散々あちらこちらの紅葉を楽しませていただいたのですから、その代償と諦めるほかありませんが・・・
落ち葉に混ざって、我が家のサザンカも盛んに散っています。
ツバキと違って、サザンカは花びら1枚1枚がバラバラに散るので、お掃除が大変です。

Sazanka081222
まだ次々咲くサザンカ

Syakoba081222
シャコバサボテンも満開
クリスマス・カクタスというステキな別名があり、この季節にピッタリ

2008年12月18日 (木)

長谷寺・歳の市とライトアップpart2

毎年、長谷寺の「歳の市」を迎えると、年の瀬を実感させられます。
「歳の市」は、一年を締めくくる観音様の縁日です。
参道ではダルマや熊手など正月を迎えるための縁起物を扱う露店が軒を連ね、境内では「福寿草市」も開かれます。

たまたま4時20分頃到着したところ、ちょうど通常の入場門を閉めているところでした。
近くにいた方から、4時30分から再開門すると聞き、折角ですので境内に入らせて戴きました。
後で、長谷寺のHPを見たところ、「5時から9時まで入山無料」とありましたが、実際は30分繰り上げて開門してくれました。
お陰で、今年2度目の「長谷寺ライトアップ」を楽しむことが出来ました。
時間が早かったこともあると思いますが、紅葉ライトアップの時と違って、境内は混雑することもなく、ゆったりしていました。
お寺の方のお話によると、紅葉ライトアップの期間中、ピークの時は入山待ちの行列が長谷駅まで続いたとのこと、改めてビックリしました。

Toshinoichi081218
光明寺のお十夜などと比べたら、大分寂しげな参道の露店

Toshinoichi0812182
山門前で夜の開門を待つ人

Toshinoichi0812183
縁起物の熊手を買うと、切り火をしてくれて、見物人も一緒にシャンシャンお手拍子♪

Haselive081218
大黒堂前特設ステージでは、歳の市ライヴの準備中

Hasejizo081218
ライトアップされたお地蔵様

Hasekyozo081218
アルミ箔が剥がされ、元に戻った経蔵

Hasekoyo081218
名残の紅葉も見られました

材木座海岸~逗子マリーナからの富士山

昨日は、かなりの量の雨が降りましたが、今日は朝から穏やかな日和となりました。

暖かな日差しの中、材木座海岸から逗子マリーナまで散歩。
雪を冠した富士山を望むことが出来ました。

Zaimokuzafuji081218_2 
相変わらずウィンドサーフィンを楽しむ人達で賑わう材木座海岸

Zushimarina081218_2 
パームツリーは、逗子マリーナのシンボル

Zushimarina0812182_2 
逗子マリーナからの富士山と江ノ島

2008年12月15日 (月)

瑞泉寺の紅葉

あちらこちら寄り道をして、ようやく本来の目的地「瑞泉寺」に到着。
こちらの紅葉もピークは過ぎたようですが、谷戸の奥だけあって、まだきれいな木もあります。
平日でも多くの参詣客が名残の紅葉を楽しんでいました。

Zuisenjikoyo081215
落ち葉舞い散る参道

Zuisenjisanmon081215
境内から見た山門

Zuisenjikoyo0812152
屋根のそり返りが美しい本堂

Zuisenjikoyo0812153
オレンジ、黄色系が多いのが、瑞泉寺の紅葉の特徴

Zuisenjikoyo0812154
周囲の山もきれいに染まって

Zuisenjiume081215
春が待ち遠しい梅

永福寺跡の様子

鎌倉宮から瑞泉寺に向かう途中、通玄橋を渡らずに左へ行くと「永福寺跡(ようふくじあと)」にたどり着きます。
永福寺は、源頼朝によって奥州平定の戦没者の霊を供養するため建立された大寺院でした。
世界遺産登録の候補地の一つに上げられています。
昨年まで広大な土地にススキが揺れていたのですが、現在は、永福寺跡復元のための土砂搬出工事中(平成21年2月16日までの予定)です。

Yofukuji081215
周囲は青いネットで囲われています

Yofukuji0812152_2

鎌倉宮の紅葉

荏柄天神社の次に鎌倉宮へ。
宝物館周辺の紅葉は、今月下旬との情報を戴いていましたが、今日は時間の関係で奥まで行きませんでした。
境内の紅葉は、残念ながら殆ど見頃を過ぎています。
でも、日に透かして見れば、まだきれいに見える木もありました。

Kamakuragukoyo081215

Kamakuragukoyo0812152

荏柄天神社の大イチョウは・・・

今朝は冷え込みましたが、その分、気持ちのよい晴天となりました。

「紅葉は終盤」といいつつも、今シーズンはまだ瑞泉寺に行っていないので、今日は二階堂方面へ。
途中、荏柄天神社に大イチョウを見るため立ち寄ってみましたが、残念ながら葉は全部落ちていました。
帰りがけにチラッと見た鶴岡八幡宮の大イチョウも殆ど落葉してしまいました。

Egaraicho081215
樹齢900年の御神木
高さ25m 胴回り10m

Egaratenjin081215
本殿と周囲の紅葉
ここは、紅葉より本殿の方が色鮮やかで美しい

2008年12月11日 (木)

妙本寺の紅葉

鎌倉の紅葉は、もう終盤を迎えています。
他より紅葉が遅めの妙本寺も例外ではありません。
祖師堂左側のハイキングコース入り口付近では、まだきれいな紅葉が見られますが、他は全体的に鮮やかさを失っていました。

Myohonsanmon081211
山門を仰いで・・・

Myohonkoyo081211
祖師堂横の紅葉

Myohonkoyo0812112

Myohonkoyo0812113
ハイキングコース入り口(2枚とも)

Myohonkoyo0812114
鐘楼付近

お正月準備の本覚寺

本覚寺では早くも「鎌倉えびす」の準備が始まっているようです。
山門から境内には、ちょうちんを飾る枠組みが出来ていて、お守りや縁起物などを売るテントも張られていました。
この光景を見ると、今年も残り僅かだと感じさせられます。

今年1月の「本えびす」の様子は、こちらをご覧下さい。

Hongakusendan081211
夷堂(えびすどう)とセンダンの実
赤い枠組みにちょうちんが飾られます

Hongakuicho081211
黄金色のイチョウ

Hongakukeidai081211
お守り等を売る仮の建物(左手前)やテントの準備万端

Hongakusanmon081211
仁王門の真ん中にある「えびす神」のちょうちん

2008年12月 9日 (火)

ユズジャム作り

午後から本格的な雨になりました。
先週の強風や今日の雨で、モミジやイチョウが大分散ってしまったようです。
鎌倉の紅葉の季節も終盤を迎えています。

そんな中、雨の降らない内に庭のユズを収穫しました。
小粒ながら、約200個,9.5kg ありました。

Yuzu081209
収穫したユズ  ホンの一部です

その内の3kgをセッセと刻み、お砂糖と煮てジャムが完成!!

Yuzujam081209
小瓶が5個、大瓶が2.5個出来ました
3kgは少々欲張りすぎ 大鍋を2つ使用(来年のための覚え書き)

2008年12月 7日 (日)

鶴岡八幡宮の大イチョウ

源氏山を下りて、鶴岡八幡宮へ大イチョウの様子を見に行きました。

Hachimanicho081207

Hachimanicho0812072
金色に輝きながら、ハラハラと舞い散り始めています

Hachimankekkonsiki081207
舞殿では、結婚式が執り行われていました

銭洗弁天~葛原岡~源氏山

風は冷たいけれどよいお天気の日曜日です。
青空に誘われ、先ずは急坂を上って銭洗弁財天宇賀福神社(ぜにあらいべんざいてんうがふくじんじゃ)へ。
トンネルを抜けて境内に入ると、多くの人達で賑わっていました。

Zeniaraiiriguti081207
神社の入り口

Zeniaraibenten081207
本宮で参拝後、左奥の奥宮でお金を洗います

神社を出て、更に坂を上って行くと、

Kuzuharakoyo081207
葛原岡神社へ向かう途中の道は、紅葉に覆われています

Kuzuharafuji081207
木々の間から富士山も!

Kuzuharaicho081207
葛原岡神社(くずはらおかじんじゃ)の鳥居
満開のサザンカと黄金色のイチョウに彩られて

Kuzuharakoyo0812072
葛原岡公園の紅葉

来た道を源氏山公園方面へ引き返します。

Kewaizaka081207
仮粧坂(けわいざか 化粧坂とも書く)には落ち葉が降り積もっています

本当はこの坂を下りて、海蔵寺へ行きたいところですが、以前、濡れ落ち葉に足を滑らせて骨折という痛い経験があるので、今日は自重して源氏山公園へ。
公園内の紅葉は、残念ながら見頃が過ぎた木が多いようでした

Yoritomo081207
名残の紅葉に包まれる頼朝像

2008年12月 4日 (木)

鎌倉中央公園の紅葉

午後からは、鎌倉中央公園へ。
紅葉を愛でつつ穏やかな散策日和を楽しみました。

Chuokoenkoyo081204

Chuokoenkoyo0812042

Chuokoenkoyo0812043

Chuokoenuekae081204
葉ボタンやガーデンシクラメンを植えて、お正月の準備でしょうか?

鎌倉文学館の紅葉

この季節になると気になる鎌倉文学館エントランスの紅葉。
期待に違わず、鮮やかに色づいていました。

Bungakukankoyo081204
鮮やかな紅葉に道行く人達は見入ってしまいます

Bungakukankoyo0812042
紅葉とサザンカ

大仏様と紅葉

風もなく穏やかな1日でした。

今日も高徳院の境内は、修学旅行生や内外の観光客で賑やか。
紅葉が進み大仏様の周囲も錦秋に彩られています。

Daibutukoyo081204

Daibutukoyo0812042

Daibutukoyo0812043

Daibutukoyo0812044_3
境内の彩り

Daibutugakusei081204
賑やかな修学旅行生達

2008年12月 2日 (火)

長谷寺の紅葉とライトアップ

今日は曇りがちで、気温もあまり上がらない日でした。

長谷寺の紅葉は大分進んで、門前から境内まで赤、オレンジ、黄色と華やかに彩られています。
前回は殆ど紅葉していなかった放生池周辺も真っ赤に染まっていました。
ライトアップの無料入場は17時からですが、日暮れが早いので、実際は16時15分頃から灯りがともり始めました。

Hasekoyo081202
放生池周辺

Hasekoyo0812022
山門

Hasekoyo0812023
石段の上は地蔵堂
堀江康子氏の和傘も展示されています

Hasekoyo0812024
観音堂前の彩り

Haseginsando081202
「銀燦堂(ぎんさんどう)」
渡辺五大氏による経蔵インスタレーション展

Haselightup081202

Haselightup0812022

Haselightup0812023
放生池周辺のライトアップ

外に出るとライトアップの開門を待つ人達が既に列を作っていました。
ライトアップは、7日(日)までです。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »