Amazon

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

線路沿いの花達

横須賀線・鎌倉駅近くの線路沿いには、色とりどりのタチアオイが咲き誇っています。

Tatiaoi080630

そして、次の出番を待っているのは、カンナです。

Kanna080630

浄光明寺のタイサンボク

次に浄光明寺へ。
山門を入るとすぐに大きな泰山木(タイサンボク)が目に入ります。
花がいくつか咲いていますが、ピークはやや過ぎてしまった感じです。

浄光明寺といえば、今年の鎌倉検定2級の問題にいくつか出てきました。
花の写真ばかり撮っていないで、もう少しお寺の歴史や伝説の勉強もしなければ、と反省しましたが、喉元過ぎれば何とやら・・・

Jokomyotaisanboku080630
タイサンボク

Jokomyokasiwaba080630
カシワバアジサイ

Jokomyoajisai080630
アジサイ

今日の海蔵寺

早いもので、今年も半分が過ぎました。
今日は、鶴岡八幡宮で大祓(おおはらえ)が行われたはずです。
これは、半年の間に身に付いた罪やけがれを祓い去り、清く健やかな気持ちに立ち返る儀式です。
昨年の大祓の様子は、こちら

午後から久しぶりに晴れてきました。
海蔵寺では、これから夏だというのに、秋の七草のハギ、キキョウが咲き始めています。
アジサイもまだキレイに咲いていました。
これからは、ノウゼンカズラの季節ですね。

Kaizohagi080630
門前のハギ

Kaizokikyo080630
キキョウも咲き始め

Kaizoajisai080630
アジサイ

2008年6月28日 (土)

ヤマユリ

長谷の裏通りを歩いていると、どこからともなくよい香りが・・・。
フト見上げると土手にヤマユリが咲いています。
これも季節の花、そして神奈川県の花です。

Yamayuri080628

収玄寺のアガパンサス

今日は海開き。
午前中に腰越海水浴場で式典が開催されたようですが、お天気がハッキリしなかったので行きませんでした。
(昨年の材木座海岸での式典の様子はこちら

今日も長谷界隈は多くの観光客で賑わっています。
収玄寺の境内は、アガパンサスやキキョウの季節を迎えていました。
青系の花は、涼しげな雰囲気がいいですね。

Shugenagapansas080628
アガパンサス

Shugenkikyo080628
キキョウ

Shugenajisai080628
ガクアジサイ

2008年6月25日 (水)

鎌倉検定2級合格 !?

22日(日)に鎌倉女子大学・大船キャンパスで「第2回 鎌倉観光文化検定」が実施されました。
大雨の中、午前中に3級、午後に2級の試験が行われ、私も2級を受験しました。

4択のマークシート方式なので、クイズ感覚で楽しもう・・・などという甘い考えは、問題を見た途端に吹き飛び、顔面蒼白(多分)、頭痛がしてきました。
難しいと感じたのは私だけではなかったようで、時々周囲からうなり声が聞こえてきたときは、思わず苦笑してしまいましたけど・・・。
昨年は途中退席者が多かったのですが、今回は終了時間ギリギリまで粘る人が多かったようです。
試験終了後は、多分惨敗という思いで、疲れがドッと出てしまい、自己採点をしてみる気力も、ブログを書く元気も残っていませんでした。

そして今朝、商工会議所のHPに解答が載ったので、恐る恐る採点をしてみたところ、どうやら合格点に達していました coldsweats01
正式発表は、8月5日とまだ大分先ですが・・・。

今回は、不勉強を痛感させられる問題ばかりで、引っかけ問題がかなりありました。
そして中には、こんな知識が何になるの??という問題も・・・。
その最たるものは、「今年の2月に必勝祈願のために光明寺を参拝したスポーツ選手は誰か?」
試験後、怒っている人が大勢いました。

商工会議所のHPによれば、「鎌倉検定とは、鎌倉に関する歴史、文化、観光、自然、暮らしなど多分野にわたり知識の深さを認定し、 鎌倉の観光振興に寄与するための検定」とあります。
出題者も大変だとは思いますが、明確な意図が感じられないような問題はやめて、本来の趣旨に沿った出題を望みたいところです。

Safran080625
サフランモドキ

2008年6月24日 (火)

成就院から虚空蔵堂

光則寺の後、また成就院へと足が向いてしまいました。
今日も、大勢の観光客が引きも切らずに訪れています。
アジサイは、週末からの強い雨にさすがにやや疲れた様子を見せていました。
ソロソロ終盤でしょうか・・・

Jojuajisai080624

Jojuajisai0806243
少々お疲れ気味のアジサイ

Jojuajisai0806242 
中には、まだ元気なアジサイも・・・

その後、成就院の向かい側の虚空蔵堂(こくぞうどう)へ。
以前は土手に見事なアジサイが咲き乱れていたのですが、最近は大分少なくなってしまいました。

こちらに祀られている「虚空蔵菩薩」の説明書を戴いてきて、先ほど読みました。
この菩薩を拝すると頭脳明晰となり、過去、現在、未来のあらゆる方向におられる一切の仏様を拝んだのと同じ効能があり、信ずるものは、この世でも来世でも救済されること間違いなし、という有り難い仏様だそうです。
もっと、チャンと拝んでおけばよかった・・・

Kokuzodo080624
虚空蔵堂の狛犬

Kokuzodoajisai080624

Kokuzodoajisai0806242 
アジサイ

光則寺の紫陽花と半夏生

久しぶりに青空がのぞきました。
平日でも鎌倉は、相変わらず混雑しています。

光則寺では、外塀沿いのアジサイが色づき、半夏生(ハンゲショウ)も咲いていました。
でも、どちらも例年より寂しい感じがします。
特に、毎年見事な群生が見られるハンゲショウが、大分刈り込まれていて、真ん中にポッカリ穴があいたようになってしまい残念でした。

Kosokuajisai080624

Kosokuajisai0806242 
アジサイ

Kosokuhangesho080624

Kosokuhangesho0806242
ハンゲショウ

2008年6月21日 (土)

大巧寺と本覚寺のアジサイ

朝、夕は、強い雨が降りました。
雨の合間に鎌倉駅近くの大巧寺本覚寺へ。

先ずは、大巧寺。
色々な種類のアジサイを始め、ノリウツギ、八重のドクダミ、ザクロ等が境内を彩っていました。

Daigyoajisai080621

Daigyoajisai0806212
アジサイ

Daigyozakuro080621
薄暗い境内に鮮やかなザクロ

その後の本覚寺でも、アジサイやハナショウブが見られます。

Hongakukasiwaba080621
重そうなカシワバアジサイ

Hongakuajisai080621
色とりどりのアジサイ

Hongakushobu080621
ハナショウブがポツポツと咲いています

2008年6月19日 (木)

変わり種?

我が家にも、数種類のアジサイが咲いていますが、他ではあまり見かけないものがあります。
初めは真っ白で、日が経つに連れて、薄いピンクの粉を振りかけたようになっていきます。
花びら全体が変色するというのではないのです。
今年は、これが一番元気で、沢山の花をつけています。

Ienoajisai080619
名前は?

あとは、ウズアジサイ、墨田の花火、いわゆる西洋アジサイ、ガクアジサイなど。
本当にアジサイの種類は多いですね。

Uzuajisai080619
ウズアジサイ

Sumidanohanabi080619
墨田の花火

2008年6月17日 (火)

貞宗寺のアジサイ

鎌倉では、あちらこちらでアジサイの見頃を迎えています。
植木の貞宗寺(ていそうじ)でも、色とりどりのアジサイを見られます。
徳川家ゆかりのお寺なので、本堂の大棟には三つ葉葵の紋が入っています。

Teisojiyane080617
拡大しても分かりにくいかもしれませんが、屋根の一番上に徳川家の家紋が入っています

Teisojiajisai080617
色鮮やかなアジサイ達

Teisojiajisai0806172
竹林の前のガクアジサイ

Teisojiajisai0806173
こちらは「海王星」でしょうか?
長谷寺にある「かまくら」にも似ているような?

2008年6月16日 (月)

成就院は大賑わい

そして、またまた成就院へ。
今まであまり人がいない時間に行っていたため、私にとっては今日が最高の人出!!
でも、アジサイはますます濃く色づき、海がきれいに見えて、満足、満足 confident

Jojuin0806163 
最初は少々余裕がありましたが・・・

Jojuin080616
身動きもママならぬほどになり・・・

Jojuin0806162
ここまで下って、ようやく息がつけました

御霊神社のアジサイ-2

次は、またもや御霊神社へ。
今日も、鳥居前の江ノ電踏切際には、カメラマンが大勢陣取っていました。
境内や紫陽花小道のアジサイも、大分色づいています。

Enodenajisai080616
江ノ電とアジサイ

Goryoajisai0806162

Goryoajisai080616 
境内のアジサイ

長谷寺の紫陽花と花菖蒲

土・日は、アジサイの見頃とあって、ものすごい人出だった鎌倉。
平日なら少しはマシだろうと開門早々の長谷寺に行ってみました。
さすがに8時~9時頃は、眺望散策路もユックリ見られます。
2,500株に及ぶ色とりどりのアジサイが咲き誇り、ハナショウブもちょうど見頃を迎えていました。

Hasederaajisai0806161
眺望散策路のアジサイ
晴れていましたが、由比ヶ浜は霞んで見えます

Hasederaajisai080616
2,500株ある眺望散策路のアジサイ

Hasederaajisai0806162
眺望散策路から経蔵を見下ろして

Hasederaajisai0806163
経蔵裏のアジサイ

Hasederakamakura080616
長谷寺で名付けたアジサイ「かまくら」

Hasederakasiwaba080616
カシワバアジサイ

Hasederashobu080616
放生池のハナショウブ
花筏に乗って、ユラユラしています

Hasederashobu0806162
妙智池のハナショウブと山門

Hasederanatutubaki080616
清楚な夏ツバキ

2008年6月13日 (金)

東慶寺のイワガラミ

明月院の後、浄智寺の門前を経て、東慶寺へ。
先週行ったばかりですが、今日の目的は「イワガラミ(岩絡み)」を見ること。
2日から今日までの平日、1日2時間のみ特別公開されていたものです。
午前11時から1回目の公開が始まるのですが、15分前には本堂前に行列が出来ていました。
本堂裏の壁面一杯に咲く白い花は、ガクアジサイに似ていますが、周りの花びら(装飾花・本来はガク)が一枚なのが特徴です。

Tokeiiwagarami080613
イワガラミ(岩絡み)
元は1本の木ですが、気根を出して岩や木にはい昇ります

Tokeiiwagarami0806132
本堂裏の壁面一杯に咲く様子は見事!
実際は、もっとズッと広い面積に広がっています

Tokeiiwagarami0806133
ガクアジサイに似たイワガラミの花

Tokeishobu080613
ハナショウブ

Tokeijizo080613
イワタバコの花は散り始めました

明月院の紫陽花と花菖蒲

昨日は、やや肌寒い小雨の一日でしたが、今日は朝から爽やかな晴天です。

8時30分の開門に合わせて出かけた明月院
平日ですが、既に数十人が行列していました。
境内のアジサイの8~9割はブルーの姫アジサイで、淡い青から深い青に日毎に変化してゆきます。
お寺の方のお話では、今年は例年に比べて色づきがかなり遅いとのこと。
私の印象でも、見頃はもう少し先かと思われました。
でも、この週末は最高に混み合うのでしょうね。

9時15分頃、本堂の後庭園が開場しました。
ハナショウブの季節と紅葉の季節に公開される後庭園は、手入れが行き届いていて美しいのですが、入山料300円の他に拝観料500円は、少々お高い気がします。
・・・と言いつつ、拝観しているのですが。

Meigetusando080613_2  
すり減った鎌倉石の参道
押すな押すな・・・の賑わいでしたが、人の波が途切れた一瞬に慌てて撮った一枚

Meigetuajisai080613
境内は「明月院ブルー」に彩られて

Meigetujizo080613
花想い地蔵様も、アジサイを手に  
今日のピアスはグリーン

Meigetushobu080613

Meigetushobu0806132

Meigetushobu0806133
後庭園のハナショウブは満開です

Meigetutikurin080613
竹林の中は涼しい風が吹き抜けてゆきます

2008年6月10日 (火)

極楽寺から御霊神社へ

成就院から極楽寺へ。
門前のアジサイがきれいに咲いています。

Gokurakuji080610
極楽寺門前のアジサイ

先ほど成就院で出会った横浜の方に「江ノ電とアジサイの撮影スポットを教えて」と言われ、御霊神社前にご案内。
テレビ局の取材陣が、御霊神社の鳥居と江ノ電を撮影していました。

Ajisaienodn080610
前回と同じような写真ですが、大分色づいてきました

成就院のアジサイ-3

朝から晴れたので、人の少ないうちにと早めに成就院へ出かけてみました。
7:30頃、すでに7~8人のカメラマンが陣取っています。
でも皆さん、山門付近にかたまっておられたので、何とか人の入らない写真を撮すことが出来ました。

この時季、横浜から毎日みえているという方が、雨の日の方が人も少ないし、アジサイがきれいに撮れるとおっしゃっていました。
確かに日差しが強いとコントラストがハッキリし過ぎますね。

Jojuinajisai080610
見事に咲いています

Jojuinajisai0806102
参道上からだと逆光になってしまいます

Jojuinnatutubaki080610
夏ツバキと本堂の屋根

Jojuiniwatabako080610
イワタバコとドクダミ

2008年6月 8日 (日)

五所神社・鎮座100年祭

朝からシトシト降っていた雨も上がり、午後からは日が射してきました。
五所神社の例祭は、今年が鎮座100年とのことで、例年よりもすごい人出で大賑わいでした。
午前中から町内を練り歩いた御神輿が、材木座海岸に到着したのは午後3時過ぎ。
お祓いの後、記念式典、くす玉割り、そしていよいよお待ちかねの海上渡御の始まりは、3時40分頃でした。
それにしても、ドンヨリと曇っていた空が御神輿の到着頃から急に晴れてきたのは、神様の思し召しと地元の方々の心がけのおかげでしょう。

Ohayasi080608 
材木座囃子連中

Goshomaturi080608
子供達の先導で

Goshomikosiup080608
御神輿が海岸に到着

Kusudama080608
くす玉が割れ、風船が空へ・・・
この風船は、ゴムでなく環境に優しい素材で出来ているのだそうです

Gosho3mikosi080608
いよいよ3基の御神輿が海へ向かいます

Goshomikosi080608 
かなり深い所まで入っていきます
事前に「御神輿に水をかけないように」との注意がありました

Zusi080608
逗子方面と賑やかな見物客

Yatai080608
屋台も出ています

Uminoie080608
海の家建設中  海開きまで、あと20日

2008年6月 7日 (土)

海蔵寺のハナショウブ

北鎌倉を早々に後にして、またも亀ヶ谷坂を通り、海蔵寺へと向かいました。
こちらも参詣客で賑わっていましたが、北鎌倉に比べるとズッと静かに感じられます。
ハナショウブは、ピンクのキョウカノコとマツバギクに囲まれて咲いていました。
まだ蕾が沢山あるので、しばらく楽しめそうです。

Kaizoshobu080607
ハナショウブ

Kaizoshobumatubagiku080607
ハナショウブとマツバギク

Kaizokyokanoko080607
手前がキョウカノコ

Kaizomatubagiku080607
鐘楼下のマツバギク

Kaizoajisai080607
ガクアジサイ

東慶寺のイワタバコ

長寿寺も次々と参詣客が訪れていましたが、お寺を一歩出ると驚くほどの人の波。
取りあえず東慶寺だけ行ってみることにしました。
こちらも入山券を求める行列が出来ていましたが、覚悟を決めて並びます。

お目当てのイワタバコは、見頃を迎えていました。
初めてこの岩壁一面に群生するイワタバコを見たときの衝撃は、今でも忘れられません。
ハナショウブとアジサイの見頃は、もう少し先のようです。

また、昨年から本堂裏に咲く「岩がらみ」を特別公開しています。
13日(金)までの平日の午前11時~12時と午後1時~2時ですので、来週機会があればもう一度訪れようと思っています。

Tokeiiwatabako080607

Tokeiiwatabako0806072
イワタバコの群生

Tokeishobu080607
ハナショウブはこれから

Tokeiajisaishobu080607
ガクアジサイとハナショウブ

Tokeibenigaku080607
ベニガク

Tokeiyamabosi080607
満開のヤマボウシ

長寿寺の特別公開

亀ヶ谷坂を下りきると角にあるのが、臨済宗建長寺派の宝亀山長寿寺(ほうきさん ちょうじゅじ)です。
鎌倉公方・足利基氏が父尊氏の菩提を弔うために建立したといわれ、境内奥のやぐらに尊氏のお墓があります。
創建当時は、七堂伽藍の大きなお寺であったようです。

境内は非公開であったため、拝観したことはなかったのですが、ゴールデンウィーク辺りから(実際はもっと前かもしれませんが・・・)今月末までの週末と祝日のお天気のよい日(但し15日は除く)に特別公開すると聞き、初めての拝観がかないました。
受付の方のお話では、7月以降は、また考えるとのことでした。

本堂、小方丈等の建物は真新しく、手入れの行き届いた庭園の白砂と苔の美しさが特に印象に残りました。
緋毛氈に座って静かに美しい庭園を眺めていると時の経つのを忘れてしまいそうです。
欲を言えば、ここで、お抹茶でも戴ければ最高!
拝観料・・・300円

Chojujisanmon080607
いつもは山門を仰ぎ見るだけでしたが・・・

Chojujihondo080607_2
本堂に続く石畳と苔の美しい前庭

Chojujiniwa080607_2
玄関へ

Chojujishoin080607_2
書院
どのお座敷にも緋毛氈が敷かれ、開け放たれたガラス戸から庭園を眺められます

Chojujikaeru080607_2
前庭にカエルの置物が

Chojujihojo080607_2
白砂と苔の庭園と小方丈

Chojujihojo0806072_2
小方丈のお座敷

Chojujikannondo080607_2 
茅葺きの観音堂
天女が舞っている天井画が美しい

Chojujitakebayasi080607
足利尊氏の墓から裏庭園に続く竹林

Chojujiajisai080607
裏庭園のアジサイ

亀ヶ谷坂を越えて

いつもは非公開の長寿寺が特別公開しているとのことで、扇ガ谷から亀ヶ谷坂(かめがやつざか)を越えて山ノ内方面へ。
鎌倉七口(切通=きりどおし)のひとつ「亀ヶ谷坂」は、扇ガ谷側の勾配がかなり急で、北鎌倉側は緩やかになります。
鬱蒼とした緑に覆われた坂道も、今日は土曜日のため家族連れなどもいて賑やかでした。

Kamegayatu080607
お坊さんのお姿も・・・
鎌倉らしい情景

Kamegayatu0806072
ハギかと思ったのですが、ベニウツギかも?

Kamegayatu0806073
北鎌倉側の岩壁にイワタバコが咲いていました

2008年6月 6日 (金)

大巧寺の花達

今週末は晴れ・・・と思っていましたが、どうやら日曜日は怪しい雲行きです。
五所神社の御神輿の海上渡御があるのですが・・・

大巧寺の境内は、いつも何かしらの花が咲いていて、ホッと和める小さな植物園のようです。
今日も初夏らしい楚々とした花達で彩られていました。

Daigyogakuajisai080606
ガクアジサイ

Daigyonoriutugi080606
ノリウツギ(糊空木)
アジサイと同じユキノシタ科で、これもガクアジサイに似ていますね
樹皮から和紙をすくときの糊を取るそうです

Daigyogigandeum080606
ギガンジューム

Daigyodokudami080606
八重ドクダミ
白いのは花ではなく総苞片で、その上の黄色いのが小さな花の集まりだそうです

Daigyohotarubukuro080606
ホタルブクロ

2008年6月 4日 (水)

成就院のアジサイ-2

やはり気になる成就院のアジサイ。
予想以上に大分色づいてきました。
観光客も一杯でしたが、皆さん「ウァー、キレイ!来てよかった♪」と喜んでおられるのを見ると、地元民として嬉しくなります。
今年は雨が多いせいか、花付きがよくて生き生きしています。
境内のイワタバコも咲き出していました。

Jojuajisai080604

Jojuajisai0806042

Jojuajisai0806043
かなり色づいてきました
見頃まで、あと少し!

Jojuiwatabako080604
イワタバコ

御霊神社のアジサイ

次は、御霊神社へ。
撮影スポットの江ノ電線路際のアジサイは、まだ色づき始めたばかり。
見頃はもう少し先でしょうか・・・
境内には、光則寺でも見たヤマアジサイが何種類か咲いています。

Goryoenoden080604
江ノ電と色づき始めたアジサイ

Goryoenoden0806042
ボケましたが、江ノ電・後部車両のエンブレムは「コミック・鎌倉ものがたり」

Goryokiyosumisawa080604
ヤマアジサイ(清澄沢)

Goryokurenai080604
ヤマアジサイ(紅)

光則寺のヤマアジサイ

関東地方は2日に梅雨入りしましたが、今日は一休み、晴れ間も見られました。
光則寺では、境内一杯に置かれた鉢植えのヤマアジサイが賑やかです。
西洋アジサイの色づきは、まだ先のようでした。

Kosokukeidai080604
山門を入ってすぐのヤマアジサイ(紅)他

Kosokumiyamayae080604
ヤマアジサイ(深山八重紫)

Kosokumomoiro080604
名前も可愛いヤマアジサイ(モモイロ)

Kosokumiyabi080604
ヤマアジサイ(雅)

Kosokuhanasyobu080604
凛としたハナショウブ

Kosokutoro080604
苔むした灯籠

Kosokuiwatabako080604
イワタバコ(鉢植え)

Kosokuyamabosi080604_2
ヤマボウシ

2008年6月 1日 (日)

光明寺のサツキ

海岸から光明寺へ。
山門脇のタチアオイが咲き始めています。
境内は、まぶしいほどの緑に包まれ、三尊五祖の庭のサツキが満開。
本堂で午後からインド古典音楽のコンサートが開かれるようで、準備をしていました。
インドの音楽というと、シタールくらいしか思い浮かびませんが・・・

Komyoaoi080601
山門脇のタチアオイ

Komyoji080601
緑あふれる境内

Komyosatuki080601
三尊五祖の庭のサツキ

Komyokisyu080601
記主庭園
今年の古代ハスの咲き具合はいかがでしょうか?

由比ヶ浜から材木座海岸

昨日の冷たい雨が嘘のように朝から快晴です。
爽やかな風に誘われて、由比ヶ浜から材木座海岸を散歩。

由比ヶ浜海浜公園から賑やかな声が聞こえると思ったら、「ふくしまつり」の看板が。
これからイベントが始まるようで、その準備をしているところでした。
足下には、一面にクローバーが咲いています。

Yuigahamakoen080601
海浜公園

Clover080601
クローバー

海沿いに出ると真夏のような雲が・・・

Yuigahama080601
滑川(なめりがわ)河口

引き潮の材木座海岸では、磯遊びをする家族連れで賑わっていました。
富士山が頭だけ出しています。
写真を拡大していただくと見えるかも?

Zaimokuzakaigan080601
家族連れで賑わう材木座海岸
現存する日本最古の築港遺跡・和賀江嶋(わかえのしま・わがえじま)も、ハッキリと見られます

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »