Amazon

« 春爛漫の長谷寺 | トップページ | 別願寺のハクモクレン »

2008年3月17日 (月)

海蔵寺のミツマタ

今日は曇が多いですが、歩いていると上着がいらないくらい気温は高め。
鎌倉の梅は、ソロソロ終盤を迎えているようです。

海蔵寺の手入れが行き届いた境内には誰もいません。
山門を入ってすぐのミツマタが大分咲いてきました。
淡いピンクのしだれ梅や鐘楼前の紅梅は、かなり散っています。
写真を撮っている内に、参詣客がポツポツとやってきました。

Kaizomitumata080317
Kaizomitumataup080317
ミツマタと花のアップ

Kaizoumemitumata080317
山門から薬師堂方向を見るとミツマタの向こうにしだれ梅が

Kaizosidareume080317
しだれ梅 大分散っています

Kaizokobai080317
鐘楼前の紅梅も終盤に近づいて

Kaizosanshuyu080317
サンシュユ

Kaizoasebi080317
アセビ

« 春爛漫の長谷寺 | トップページ | 別願寺のハクモクレン »

鎌倉散歩・春(3~5月)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~ イリヤさん
一年の四季の内で春は梅が咲き桜が咲き
次から次といろんな花が咲き一番気持の良い、
季節では無いでしょうか。
カメラを持っての散歩とか散策も一段と、
お楽しみがアップしますね。
梅の花も長期間にわたり咲いていましたが、
ぼつぼつ終わりのようですね。
境内には珍しい木花が沢山有るのですね。 

こんばんは~ ピータンさん。
いつもありがとうございますhappy01
寒い冬が終わり、次々と花開く春は、被写体が
増えて楽しいですね。
北海道の春は、もっと短期間にいろいろな花が
楽しめるのでしょうね?
海蔵寺の境内は、それほど広くはないのですが、
いつも手入れが行き届いて、四季折々の花を
楽しませてもらえるお寺です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197917/40534353

この記事へのトラックバック一覧です: 海蔵寺のミツマタ:

« 春爛漫の長谷寺 | トップページ | 別願寺のハクモクレン »