Amazon

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

妙本寺の桜とカイドウ

お隣の妙本寺でも、本覚寺同様、満開の桜と咲き始めのカイドウを楽しめます。
雨上がりに早速駆けつけたカメラマンが、三脚を構えて熱心に撮影している姿も見られました。

Myohontatesakura080331
手水舎とサクラ

Myohonnichiren080331
日蓮上人もサクラを愛でて

Myohonshorosakura080331
サクラ越しの鐘楼

Myohonkaido080331
これから楽しみなカイドウ

本覚寺の桜とカイドウ

昨日からの雨が午後になって上がり、桜の様子を見に本覚寺を訪ねました。
雨での傷みが心配でしたが、満開の桜は美しく、カイドウも何輪か咲き出しています。

Hongakusakura080331
満開のサクラ

Hongakukaido080331
咲き出したカイドウ

2008年3月29日 (土)

安国論寺の桜

安国論寺でも、門前のしだれ桜を撮ろうと、多くのカメラマンが囲んでいました。
境内の桜、ミツバツツジも見頃です。
紅白咲き分けのしだれ桃の開花も楽しみ!

Ankokumonzen080329
山門前のしだれ桜

Ankokusakura080329
桜と椿

Ankokututuji080329
ミツバツツジ

Ankokuboke080329
ボケ

Ankokumomo080329
しだれ桃

Ankokubaimo080329
バイモ

長勝寺の桜

鎌倉中の桜が、一気に見頃を迎えています。
長勝寺でも、境内一杯に桜が咲き誇り、大勢のカメラマンが詰めかけていました。
しだれ桜は、これから咲くものもあります。

Choshosakura080329
Choshosakura0803292
境内が桜に覆われています

Choshonichiren080329
日蓮上人像と桜

Choshosuisen080329
スイセン

2008年3月28日 (金)

鎌倉山の桜も見頃

笛田公園から鎌倉山にかけての桜も、見頃を迎えています。
この週末は、どこでお花見しようか迷ってしまいますよね?

Fuetakouen080328
Fuetakouen0803282
笛田公園の桜
まだ5分咲きくらいでしょうか

Kamakurayama080328
Kamakurayama0803282
鎌倉山の桜

段葛と八幡宮の桜が見頃

雨が朝の内に上がり、思いがけないお天気になりました。
と思っていたら、15時頃よりまた雨・・・。

段葛と鶴岡八幡宮の桜が、早くも見頃を迎えています。
今週末は、是非鎌倉へお花見に!!

Dankazura080328
段葛の桜のトンネル

Dankazura0803282
若宮大路からの段葛

Sannonotorii080328
三ノ鳥居より八幡宮境内を望む

Hachimankanzakura080328
太鼓橋左のカンザクラ

Genpeisakura080328
Genpeisakura0803282
Genpeisakura0803283
源平池の桜(3枚とも クリックで拡大します)

Genpeiyanagi080328
柳の新芽が瑞々しい

Genpeisagi0803283
アオサギが餌をついばんで

2008年3月27日 (木)

龍宝寺の春

鎌倉の隠れた(?)花の寺・龍宝寺
平日は、いつも幼稚園児達の声がこだまする境内ですが、今は春休みのためヒッソリしています。
まず、目を奪われるのが紫モクレンで、他にもカンヒザクラ、ミツバツツジ、ツバキ、モモ、レンギョウ、ユキヤナギ等、色とりどりの春の花が一杯です。
山門周辺のサクラも咲き始めました。

Ryuhomokuren080327
満開のモクレン

Ryuhokanhizakura080327
カンヒザクラ

Ryuhotutuji080327
ミツバツツジ

Ryuhorengyotutuji080327
レンギョウ、ミツバツツジ、ヤマザクラ

Ryuhoyukiyanagi080327
ユキヤナギ

Ryuhotubaki080327
ツバキ

Ryuhomomo080327
モモ

Ryuhosakura080327
山門前のサクラ

2008年3月26日 (水)

本興寺の紅しだれ桜

今日の最後は、本興寺(ほんこうじ)へ。
日蓮宗のこのお寺は、春のしだれ桜と夏のサルスベリが見事です。
予想通り、濃いピンクの紅しだれ桜が満開で、風にユラユラと揺れていました。

Honkosidare080326
ベニシダレザクラ

Honkosidare0803262
濃いピンクが華やかです

光明寺の桜

さて、光明寺の桜はどうでしょうか?
総門の前に「観桜会」の立て看板が・・・。
関東一の偉容を誇る山門越しに淡いピンク色が見えてきました。
山門を入ってすぐの桜が一番早く咲いているようです。
光明寺の境内の木は、殆どが桜ですので、満開になると実に見事ですが、まだ全体的には一割程度の咲き具合に思えました。
見頃は、今週末から来週でしょうか。
山門の上からお花見をさせていただきたいと思っていましたが、山門特別公開は、4月5,6日。
舞い散る桜を見ることになるのでしょうか?

   *** 観桜会 ***
期 間 : 平成20年4月5日(土),6日(日)
茶 席 : 両日 10:00~15:00 700円
山門特別公開 :    同上     300円
法楽への誘い : 4月6日(日)13:00~
 法話と津軽三味線 2,000円(前売り1,800円) 

Komyosomon080326
総門前

Komyosanmon080326
山門越しの境内

Komyosanmonsakura080326
山門前の桜

Komyohondosakura080326
本堂と桜

Komyosakuraup080326
桜のアップ

Komyokishu080326 
記主庭園

九品寺のボケ

昨夜は、まさかの雷雨に見舞われましたが、今日は晴れ。
材木座から大町まで歩いてみました。

九品寺(くほんじ)では、本堂両側のボケが満開で、こぢんまりした境内を華やかに彩っています。
サクラも大分花開いてきました。
足下には、ジュウニヒトエがひっそりと咲いています。

Kuhonboke080326
Kuhonboke0803262
満開のボケ(2枚とも)

Kuhonsakura080326
サクラ

Kuhonjunihitoe080326
十二単(ジュウニヒトエ)

2008年3月25日 (火)

本覚寺のしだれ桜も満開

最後は、3日前に行ったばかりの本覚寺へ。
前回は、まだ蕾が多かったしだれ桜ですが、もう満開です。
ここも多くの人達がカメラを構えて、いろいろなアングルで撮影していました。

Hongakusidare080325

Hongakusidare0803253

Hongakusidare0803252

光則寺のしだれ桜

次は、長谷寺のお隣、光則寺へ。
こちらでは、参道のソメイヨシノが大分咲いていて、ピンクのモモが鮮やかです。
しだれ桜も見頃を迎え、長谷寺同様、大勢のカメラマンが取り囲んでいました。

Kosokumomosakura080325
参道のモモと山門前のしだれ桜

Kosokusidare080325
Kosokusidare0803252
Kosokusidare0803253
見頃を迎えたしだれ桜

Kosokusakura080325
参道のサクラ 

Kosokusakuramomo080325
サクラの向こうにモモ

長谷寺のしだれ桜

昨日は午前中冷たい雨でしたが、今日は朝から暖かな晴天と、春らしく変わりやすい陽気です。
青空にテンションが上がって、しだれ桜巡りをしてみました。

まずは、混雑しない内に長谷寺へ。
お目当てのしだれ桜は、ほぼ満開で、艶やかな姿が誇らしげに見えます。
上境内・大黒堂前のしだれ桜はまだ蕾で、そのお隣ソメイヨシノは咲き始めていましたが、全体から見ると一分咲き程度でしょうか。
数日後には、見頃を迎えることと思われます。
今年は、梅が遅かった鎌倉ですが、桜の開花は早そうです。

Hasesidare080325
Hasesidare0803252
Hasesidare0803253
満開のしだれ桜

Haseuesidare080325
大黒堂前のしだれ桜は、まだ蕾

Hasesakura080325
ソメイヨシノも咲き始めました

Haseyukiyanagi080325
ユキヤナギ

Haseboke080325
弁天窟前のボケ

2008年3月23日 (日)

芸術の春?

今日は、鎌倉芸術館で、人形浄瑠璃「かまくら文楽」を鑑賞。
大入り満員で、市民の文楽に対する関心の高さがうかがえます。
途中、丁寧な解説と観客代表の人形遣い体験があり、初心者の我々も親しみを持って伝統芸能に触れることが出来ました。
浄瑠璃、三味線、人形担当の方々が一体となって、初めてすばらしい舞台が完成するということを目の当たりにしたひとときでした。

Bunraku080323
ポスター

Geijutukan080323
鎌倉芸術館
皆、満足して家路に・・・

Sakura080323
芸術館横の桜が咲き出していました

2008年3月22日 (土)

妙本寺のサクラはまだ

妙本寺の静かな境内には、暖かい日差しが降り注ぎ、穏やかな時間が流れていました。
サクラやカイドウは、まだ蕾のままで、開花までもう少しかかりそうです。
本堂の周辺には、いろいろな種類のツバキがきれいに咲いていました。

Myohonsakura080322
サクラの開花が待たれます

Myohonkaido080322
祖師堂前のカイドウ

Myohontubaki080322
本堂とツバキ

本覚寺のしだれ桜

本覚寺のしだれ桜は、まだこれからだろうと様子を見に行ったつもりでしたが、思いの外きれいに咲いていました。
今日は、ポカポカ陽気の土曜日とあって、大勢のカメラマンがシャッターを切っていました。
夷堂と外塀の間のアンズも満開です。

Hongakusidarezakuratate080322
Hongakusidarezakura080322
しだれ桜

Hongakuanzu080322
夷堂と満開のアンズ
モモかと思ったのですが、お寺の方にうかがったら、アンズだそうです

Hongakurengyo080322
丸く刈られたレンギョウ

大巧寺のツバキとカンヒザクラ

ここ数日、曇りや雨、強風の日が続いていましたが、久しぶりの青空になりました。

大巧寺(だいぎょうじ)では、寒緋桜(カンヒザクラ)が満開です。
また、沢山の種類のツバキが咲き、シデコブシ(ヒメコブシ)、利休梅(リキュウバイ)、ユスラウメ等々、境内は春のお花で一杯です。

Daigyodorama080322
ツバキ(ドラマ・ガール) あなた女優さんですか?

Daigyookinonami080322
ツバキ(沖の浪) 
まだまだ沢山のツバキが咲いています

Daigyokanhizakura080322
Daigyokanhizakura0803222
カンヒザクラ

Daigyorikyubai080322
リキュウバイ

Daigyokobusi080322
シデコブシ(ヒメコブシ)

Daigyoyusuraume080322
ユスラウメ

2008年3月18日 (火)

安国論寺の紅梅

昨日がお彼岸の入りでしたね。
今日の安国論寺は、お墓参りの人と観光客とで賑わっていました。
本堂右手に立派な紅梅があるのですが、この開花は例年他の梅よりも遅めです。
今年は全体的に梅が遅めでしたが、さすがにもう大分散っていました。
門前のしだれ桜は、まだ蕾です。

Ankokukobaitate080318
Ankokukobai080318
満開を過ぎた紅梅

Ankokusidarezakura080318
しだれ桜の開花はまだ先のようです

別願寺のハクモクレン

市内を散歩しているとハクモクレンの花が目に付くようになってきました。
大町の別願寺(べつがんじ)でも、ハクモクレンが咲き出して、大きな木に白い鳥が沢山止まっているように見えます。
毎年4月末から5月初めにかけて、見事な藤を見せてくれるお寺です。

Betuganjihakumokuren080318

2008年3月17日 (月)

海蔵寺のミツマタ

今日は曇が多いですが、歩いていると上着がいらないくらい気温は高め。
鎌倉の梅は、ソロソロ終盤を迎えているようです。

海蔵寺の手入れが行き届いた境内には誰もいません。
山門を入ってすぐのミツマタが大分咲いてきました。
淡いピンクのしだれ梅や鐘楼前の紅梅は、かなり散っています。
写真を撮っている内に、参詣客がポツポツとやってきました。

Kaizomitumata080317
Kaizomitumataup080317
ミツマタと花のアップ

Kaizoumemitumata080317
山門から薬師堂方向を見るとミツマタの向こうにしだれ梅が

Kaizosidareume080317
しだれ梅 大分散っています

Kaizokobai080317
鐘楼前の紅梅も終盤に近づいて

Kaizosanshuyu080317
サンシュユ

Kaizoasebi080317
アセビ

2008年3月15日 (土)

春爛漫の長谷寺

このところ、河津桜巡りをしているので、長谷寺の様子を見に行きました。
少々残念なことに河津桜は、もはや満開を過ぎ、葉が出て散り始めています。
でも、まだガッカリするのは早く、梅は終わっていましたが、サンシュユ、寒緋桜(カンヒザクラ)、ツバキ、ボケ等々、境内は早くも春爛漫の感がありました。
これから、しだれ桜が咲くと、もっと華やいできます。

Hasekawadu080315
散り始めた河津桜(カワヅザクラ)

Hasesansyu080315
サンシュユが輝いて

Hasemitumata080315
アカバナミツマタ

Hasehakumokuren080315
咲き始めたハクモクレン

Hasekanhizakura080315
阿弥陀堂と寒緋桜(カンヒザクラ)

Hasebokemansaku080315
経蔵横のボケ(国光)とマンサク

Hasetubaki080315
眺望散策路のツバキ

Hasejizoumi080315
海に背を向けたお地蔵様

Hasetosamizuki080315
トサミズキ

Haseboke080315
白とピンク咲き分けのボケ

Hasesidarezakura080315
しだれ桜の蕾

旅館・対僊閣(たいせんかく)

長谷寺参道にある旅館「対僊閣(たいせんかく)」は、「鎌倉市景観重要建築物」に指定されています。
創業は明治末期で、今の建物は昭和2年に建築され、鎌倉における戦前の和風旅館として、歴史的にも大変貴重な建物です。

Taisenkakutate080315
4つの欄間窓、高欄、組子が密な格子窓が、創建当初の姿をよく留めています

収玄寺のサンシュユ

昨日は、夕方から夜にかけて激しい雷雨に見舞われましたが、今日は朝からきれいな青空です。
収玄寺のこぢんまりとした境内も大分春らしくなってきました。
黄色のサンシュユがパッと目に入り、ツバキ、スイセン、ハクモクレン等が彩りを添えています。

Shugensansyu080315
本堂とサンシュユ

Shugensansyu0803152
サンシュユのアップ 
ひとつひとつがおもしろい形をしていてかわいいです

Shugensuisen080315
スイセン

Shugenkobai080315
紅梅がまだ咲いていました

Shugenhakumokuren080315
ハクモクレンは咲き始め

2008年3月13日 (木)

鶴岡八幡宮の河津桜-2

暖かさに誘われて、鶴岡八幡宮の河津桜が満開になりました。
大石段の右上と旗上弁財天で華やかさを競っています。
他にも、寒桜、大島桜、馬酔木(あせび)が咲き始め、本格的な春の訪れが感じられます。

Hachimankanzakura080313
太鼓橋と平家池の間の寒桜

Hachimankawadu080313
楼門と河津桜

Hachimankawadu0803132
振り返って、舞殿、鳥居が望めます

Hachimankawadu0803133
満開の花のアップ

Hachimanoshima080313
旗上弁財天の大島桜

Hataagekawadu080313
旗上弁財天の河津桜

Hachimanasebi080313
社務所前の馬酔木(あせび)
スズランのように可愛い花ですが、有毒植物とか

本覚寺の河津桜

本覚寺の梅はピークを過ぎているようでしたが、夷堂と鐘楼の間の紅梅は、まだきれいです。
河津桜も咲き始めていました。
こちらの河津桜は、まだホンの若木ですので、これからの成長が楽しみです。

Hongakukobai080313
紅梅とその左側はツバキ

Hongakukawadu080313
まだこれからの河津桜

来迎寺のミモザ

ポカポカと暖かい陽気の中、ミモザの様子を見に材木座の来迎寺へ。
今年も立派な木を仰ぎ見ることが出来ました。
一番大きな木の見頃は、まだこれからですが、お隣の若木は大分咲いてきています。
本堂横の鉢植えの河津桜が満開でした。

Raikomimoza080313
見事なミモザの大木!

Raikomimoza0803132
右側の木は、きれいに咲いてきています

Raikomimoza0803133
花と葉のアップ  ポンポンのような球状の花がビッシリ

Raikokawadu080313
鉢植えの河津桜が満開
本堂は、お色直しをしたようですね

Raikosuisen080313
スイセンが暖かい日差しを浴びて

2008年3月12日 (水)

貞宗寺の梅

植木にある貞宗寺(ていそうじ)は、貞宗院(江戸幕府二代将軍・徳川秀忠の母方の祖母)の屋敷跡。
徳川家ゆかりのお寺だけに本堂の大棟には三つ葉葵の紋がついています。
紅白の梅、椿が静かな境内を彩っていました。
あと数日もすれば、大きなハクモクレンが咲き出すことでしょう。

Teisoume
紅梅、白梅が満開 特に紅梅が鮮やかです

Teisokobaimikan
紅梅と夏みかん

Teisomitumata
ミツマタ

2008年3月11日 (火)

十二所果樹園の梅

鎌倉の隠れた梅の名所「十二所(じゅうにそ)果樹園」に初めて行って来ました。
ここは「鎌倉風致保存会」の所有で、会員や市民のボランティアにより剪定や下草刈りなどが行われているそうです。

バス停「十二所神社前」から歩くこと20分ほどで果樹園の入り口に到着しますが、途中は、ぬかるみや資材置き場のある寂しい山道が続きます。
でも、園内では約400本あるという満開の白梅が出迎えてくれました。
収穫された無農薬の梅の実は即売されたり、鎌倉梅ワインの材料に使われるとのことです。
今年は、ここの梅の実を買ってみたいものです。

「見晴台」からは、晴れて空気が澄んでいる日には、横浜のMM21のビル群~三浦半島の山並み~富士山と360度の展望を楽しむことが出来るようですが、今日は残念ながら霞んでしまっていました。

Junisokajuen080311
Juniso080311
Junisoup080311
梅、梅、梅・・・全て白梅です

Miharasidai080311
見晴台からの眺望
今日は見通しが悪いですね

2008年3月 9日 (日)

春の息吹

数日前にウグイスの初音を聞きましたが、今朝あたりは大分じょうずに鳴けるようになりました。
我が家の庭にも春の息吹が感じられ、クリスマスローズ、クロッカス、ビオラ等が元気に咲いています。
これからは次々に咲き出すツバキが楽しみです。

Xmasrose080309
クリスマスローズ

Kurokasu080309
クロッカス

Biora080309
ビオラ

Sidarebiora080309
ビオラ(しだれ咲き)

2008年3月 7日 (金)

瑞泉寺の梅

瑞泉寺では、下境内の梅林の梅はまだこれからでしたが、上境内の梅はちょうど見頃を迎えていました。
本堂前の鎌倉市天然記念物に指定されている黄梅(オウバイ)も満開です。
こちらの黄梅は、大巧寺等に咲いている「モクレン科」のものとは別の「バラ科」で、梅の仲間。
花弁が退化して雄しべが長いのが特徴で、満開になっても華やかさはありません。
その年によって咲く時期がずれるそうで、「今年は黄梅の咲くのが本当に遅かった」とお寺の方がおっしゃっていました。
梅の他にツバキも沢山の種類が咲き、福寿草、マンサク、ミツマタ等も見られます。

Zuisenkeidai080307
Zuisenume080307
Zuisensidareume080307
Zuisenhakubai080307
沢山の梅は、見応えがあります

Zuisenobai080307
本堂前の黄梅(オウバイ)も満開
鎌倉市天然記念物

Zuisenobai0803072
黄梅のアップ 花弁が退化しています

Zuisentubaki080307
ツバキ

Zuisenfukujuso080307
フクジュソウ

鎌倉宮の河津桜-2

鎌倉宮・鳥居前の河津桜は、もう満開です。
もっとも、前回1月25日に通りがかったときには、既に咲き始めていたのですから当然ですね。

Kamakuragukawadu080307

2008年3月 6日 (木)

円覚寺の梅

円覚寺の境内でも、梅が見頃を迎えています。
こちらも相変わらず参詣客で賑わっていますが、特に外国人観光客の姿が目立ちました。
黄梅院では、ミツマタ、ツバキ、マンサクなども見られます。

Engakutokei080306
弁天堂から望む東慶寺

Engakuume080306
全体的に白梅が多いようです

Engakusidareume080306
しだれ梅

Engakukobai080306
方丈前の紅梅

Engakuhakubai080306
白梅をアップで

Engakusyariden080306
国宝・舎利殿も梅に囲まれて

Engakuhakumokuren080306
仏日庵のハクモクレンも蕾が大きくなりました

Engakutubaki080306
ツバキ

Engakumansaku080306
マンサク

東慶寺の梅と「仏像特別展」

朝から快晴の今日は、東慶寺の梅と「仏像特別展」を見に北鎌倉へ。
境内の梅は、遅咲きのしだれ梅などを除けば、ほぼ満開といえる状態です。
最初は、まだ人出が少なかったのですが、展覧会を見終えた頃は、続々と参詣客が押し寄せ、(ケーブル?)テレビの取材も始まりました。

   「仏像特別展」-松ヶ岡宝蔵
期 間 : 3月4日(火)~5月6日(火)
会期中は毎日開館(午前9時30分~午後3時30分 入館可能)
入館料 : 300円

主な出展仏像 : 聖観音菩薩立像(重要文化財)  水月観音菩薩半跏像(神奈川県重要文化財)  観音菩薩像(鎌倉市重要文化財)  阿弥陀如来立像(天秀尼念持仏)  聖観音菩薩立像(高村光雲作)  釈迦誕生仏(後藤清一作)など
その他 : 初音火取母 (重要文化財) 葡萄蒔絵螺鈿聖餅箱 (重要文化財) 離縁状など

鎌倉の美男の代表が「大仏様」だとすれば、美女の代表は小さいながらもこちらの「水月観音様」とか・・・。
なかなか凛々しいお顔をされています。

Tokeisanmonyori080306
山門から見た境内の様子

Tokeiume080306
古木の風情が・・・

Tokeishoro080306
鐘楼と梅

Tokeiobai080306
本堂前の黄梅(瑞泉寺の黄梅の子供とか)

Tokeisidareume080306 
宝蔵前のしだれ梅は咲き始めたところ 

Tokeiboke080306
ボケ

2008年3月 4日 (火)

光則寺の梅-2

長谷の光則寺の境内も、いろいろな種類の梅が咲いていて賑やかです。
今日は、修学旅行の中学生やご婦人方が次々と訪れていました。
ミツマタの蕾がほころび始め、わびすけ椿があちらこちらで見られます。

Kosokuume080304
紅梅、白梅が咲き揃って・・・

Kosokuumepink080304
こんなにかわいいピンクの梅も咲いています

Kosokuomoinomama080304
「思いのまま」は、咲き始めたところです

Kosokuhime080304
わびすけ椿「姫」

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »