Amazon

« 本覚寺の紅梅 | トップページ | 東慶寺の梅 »

2008年2月 1日 (金)

亀ヶ谷坂から浄智寺へ

穏やかに晴れた午後、亀ヶ谷坂(かめがやつざか)を通って、北鎌倉に抜けてみました。
亀ヶ谷坂は、鎌倉七口(七切通し)※のひとつで、扇ヶ谷と山ノ内を結ぶ道です。
その名の由来は、亀もひっくり返るほどの急勾配の坂ということですが、仮粧坂(けわいざか)などよりは大分ゆるやかで、亀はひっくり返りそうもありません。

Kamegayatuzaka080201
亀ヶ谷坂(かめがやつざか)
岩船地蔵堂から北へ上る坂、ここを越えると長寿寺の脇で、巨福呂坂(こぶくろざか)に出る

鎌倉七口(七切通し)とは?
名越切通し(なごえきりどおし)・朝夷奈(朝比奈)切通し(あさいな((あさひな))きりどおし)・巨福呂坂(こぶくろざか)・亀ヶ谷坂(かめがやつざか)・仮粧坂(けわいざか)・大仏切通し・極楽寺切通し

巨福呂坂に出て、横須賀線の線路を越えるとまもなく浄智寺です。
浄智寺の境内には、ロウバイ、スイセン、ツバキが咲き、ミツマタの蕾がふくらんでいます。
梅の開花は、もう少し先のようでした。

鎌倉七福神の※ひとつ、布袋様にも今年最初のご挨拶をしました。

Jochisomon080201
昼間でも鬱蒼としている浄智寺総門付近

Jochisanmon080201
苔むした石段の先に鐘楼門が見えます

Jochirobai080201
ロウバイ
後ろは本堂・曇華殿(どんげでん)

Jochisuisen080201
スイセン

Jochihotei080201
布袋尊のお腹をなでて、元気をいただきます

鎌倉七福神とは?
浄智寺(布袋尊)・鶴岡八幡宮(弁財天)・宝戒寺(毘沙門天)・妙隆寺(寿老人)・本覚寺(夷神)・長谷寺(大黒天)・御霊神社(福禄寿)

« 本覚寺の紅梅 | トップページ | 東慶寺の梅 »

鎌倉散歩・冬(12~2月)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197917/17922201

この記事へのトラックバック一覧です: 亀ヶ谷坂から浄智寺へ:

« 本覚寺の紅梅 | トップページ | 東慶寺の梅 »