Amazon

« 本覚寺の紅梅-2 | トップページ | 江ノ電の車窓から »

2008年2月11日 (月)

長勝寺の水行

建国記念の日に、長勝寺では大国祷会成満祭(だいこくとうえじょうまんさい※)が執り行われます。
寒さ厳しい季節ですが、今日は穏やかな晴天に恵まれ、20名ほどの僧が3回に分かれて水行を行いました。

10時半頃には、境内一杯の参詣者やカメラマンが修行僧の入場を待ちかまえます。
水行場の近くに陣取った皆さんは、飛んでくる水しぶきを避けるためにレインコートを着たり、カメラにカバーをかけたり準備万端。
水浴びの瞬間は、何重にも取り巻いたカメラマンが一斉にシャッターを切ります。
この時ばかりは、身長の高い人が羨ましいですね。

大国祷会成満祭
前年の11月から千葉県の法華経寺で百日間、粥をすすり、水をかぶりながら荒行を続けてきた行者姿の僧たちが、この日に鎌倉に帰ってくる。
長勝寺の久遠堂で読経の後、うちわ太鼓に先導されて水行場に向かい、数人ずつ何回かに分かれ、経文を唱えながら手桶でかいだした水を頭から浴びる。

Choshomon080211
幔幕で飾られた長勝寺山門

Choshokeidai080211
参詣者やカメラマンで一杯の境内
日蓮上人と四天王像も見守って

Suigyojo080211
水行場を取り囲むカメラマン達

Nyujo080211
うちわ太鼓の僧侶に先導されて、修行僧達の入場です

Nyujo0802112
水行場へ向かいます

Suigyo0802111
合掌しながら水行場の周囲を廻った後、座って経文を唱えます

Suigyo0802112
頭から勢いよく水をかぶります

Taijo080211
お疲れさまでした!

« 本覚寺の紅梅-2 | トップページ | 江ノ電の車窓から »

鎌倉の年中行事」カテゴリの記事

コメント

こんばんは イリヤさん
写真を拝見すると青空で暖かそうに見えますが、
結構今の季節ですから いくら鎌倉とは言え
気温が低いでしょうね。
修行とは言え 今の水行は水温が低く
冷たさよりヒリヒリと、
痛いのではないでしょうか?
凄い精神修行 見てるだけでブルブル震えますね。
でも大変厳しいそして辛い修行に耐えて、
きたのですから大丈夫なのですね。

こんばんは、ピータンさん。
気温は、7~8℃くらいだったでしょうか?
ギャラリーの熱気の方が高かったかもしれませんcoldsweats01
でも、明日はもっと寒くなりそうですので、今日でよかったと思います。
それにしても、辛い修行に耐えなければならないお坊さんは大変ですねthink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197917/40087494

この記事へのトラックバック一覧です: 長勝寺の水行:

« 本覚寺の紅梅-2 | トップページ | 江ノ電の車窓から »