Amazon

« 成人祭と左義長(さぎちょう)準備 | トップページ | 収玄寺のロウバイ »

2008年1月17日 (木)

光則寺のロウバイ

光則寺では参道のロウバイが、かすかな芳香を漂わせながら満開になっています。
境内のロウバイも大分咲いてきました。
紅梅がほころび始め、数寄屋(スキヤ)、初雁(ハツカリ)、紅侘助(ベニワビスケ)等、いろいろな種類のワビスケ椿も見られて、初春の雰囲気が満ちています。
植木屋さんが、本堂前のカイドウの手入れをされていました。
今年も見事なカイドウを期待して、春を待ちましょう。

Kosokusosinrobai080117
参道の素心蝋梅(ソシンロウバイ)

Kosokutorobai080117
こちらは、唐蝋梅(トウロウバイ)「満月」という品種

Kosokubeniwabisuke080117
紅侘助(ベニワビスケ)

Kosokumitumata080117
ミツマタの蕾

« 成人祭と左義長(さぎちょう)準備 | トップページ | 収玄寺のロウバイ »

鎌倉散歩・冬(12~2月)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197917/17730758

この記事へのトラックバック一覧です: 光則寺のロウバイ:

« 成人祭と左義長(さぎちょう)準備 | トップページ | 収玄寺のロウバイ »