Amazon

« 鎌倉宮の河津桜 | トップページ | 英勝寺門前の梅 »

2008年1月25日 (金)

初天神と筆供養

今年最初の天神様のお祭り「初天神」と「筆供養」が、荏柄天神社(えがらてんじんしゃ)で行われました。
午前10時30分の開始時刻には、境内は人で埋め尽くされていました。
本殿右側の寒紅梅が咲き始め、スイセンもきれいに咲いていましたが、ゆっくり見ている雰囲気ではありません。
祝詞、お祓い、玉串奉てん・・・と「初天神」が厳かに進み、その後、古筆を供養し、字の上達や学問の向上を願う「筆供養」が始まりました。
近頃はパソコンばかりで、筆やペンを使うことが殆どなくなり、漢字を忘れたりますます字が下手になった自分を深く反省。
境内に甘酒の美味しそうな香りが漂っていましたが、その内、煙の臭いに変わってしまいました。

天神様は菅原道真公を祀っており、道真公が愛した花が梅ということから、天神様の境内には梅が植えられ、また梅の紋が使われているようです。
道真公が梅紋を使用したという記録はないそうですが・・・。
この荏柄天神社にも、境内のあちらこちらに梅の紋様が見られて、探し出すのもとても楽しいです。

Egaramon080125
今日は門も梅の紋様の幔幕と提灯で飾られています

Egarakeidai080125
境内は溢れんばかりの人・人・人

Egarakobai080125
「鎌倉で一番早く咲く寒紅梅」との木札が下がっていました
左側の白梅はこれからです

Egarafudehakobi080125
初天神の後、古筆が運ばれます
本殿の扉も提灯も梅の紋様

Egarafudekuyo080125
筆に火がつけられました
下方に梅の紋様のついた梅形の鉢に筆が入っています
神主さんの袂を持っている神官さんの衣も梅の紋様

Egarafudekuyo0801252
煙い、煙い・・・

Egarafudekuyo0801253
無事燃えてきました

Egaramikosi080125
神輿庫

« 鎌倉宮の河津桜 | トップページ | 英勝寺門前の梅 »

鎌倉の年中行事」カテゴリの記事

コメント

・・おおぉぉ! まるでその場で見ているような臨場感♪♪
連続写真って楽しいです(^^)/

行きたかったけど、やっぱり行けませんでしたが、イリヤさんのおかげで、気分は満喫(うれしい^^)

こんばんは~ イリヤさん
筆供養って初めて見ますが 鎌倉には有名な神社、
お寺が多いですが 
イリヤさんのブログでいろんな鎌倉の神社お寺の
年間を通しての行事などを詳しく解説して頂き
そして見せて頂き鎌倉を旅行をしてる気分ですよ。
ありがとうございます。
私らにとってはホント珍しい行事ばかりですね。
大変勉強になります。
今後も お身体に気を付けて頑張ってください。

まっちゃん4649さん、少しは雰囲気を味わっていただけましたか?
昨年は人垣の後ろの方にいて、肝心な所が全然見えなかったのですが、今年は人が少ない角度に偶然行かれてラッキーでした(^-^)v
私は筆に縁がないのですが、まっちゃん4649さんは、いつも写経をしていらっしゃるので、筆供養には関心がおありでしょうね。

ピータンさん、ありがとうございます!
ピータンさんの「流氷の接岸」のような迫力ある写真は望めませんが、鎌倉らしい情景をお楽しみいただけたなら嬉しいです。
寒いとつい家に閉じこもりそうになるのですが、運動不足解消のためにも、これからも散歩がてら写真を撮りたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197917/17836682

この記事へのトラックバック一覧です: 初天神と筆供養:

« 鎌倉宮の河津桜 | トップページ | 英勝寺門前の梅 »