Amazon

« うっすらと富士山が・・・ | トップページ | 鎌倉宮 »

2007年11月 4日 (日)

永福寺跡(ようふくじ あと)

二階堂にある史跡・永福寺跡は、今、まるで銀色の波のような一面のススキで覆われています。

永福寺は、鶴岡八幡宮・勝長寿院(廃寺)と並ぶ源頼朝が建立した三大寺院のひとつでした。
奥州攻めで亡くなった義経、藤原泰衡等の鎮魂のため、平泉の中尊寺・毛越寺を模して1191年(建久2年)に着工、三年後に二階堂・薬師堂・阿弥陀堂の三堂が完成しました。
幕府の御願寺として保護されましたが、1405年(応永12年)に焼失し、江戸時代初期頃(室町時代後半という説も)に廃寺となりました。
発掘調査で、壮大な伽藍や浄土庭園の存在が確認され、約86,000m2が国の史跡に指定されています。

広大なススキの原を見回していると、まさに「つわものどもが 夢の跡」という思いに駆られます。

Yofukuji071104

Yofukuji0711042

Yofukuji0711043

« うっすらと富士山が・・・ | トップページ | 鎌倉宮 »

鎌倉散歩・秋(9~11月)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197917/16974718

この記事へのトラックバック一覧です: 永福寺跡(ようふくじ あと):

« うっすらと富士山が・・・ | トップページ | 鎌倉宮 »