Amazon

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月28日 (金)

浄光明寺のハギとヒガンバナ

最後は浄光明寺へ。
いつもは静かな境内に、今日は犬のお散歩仲間(?)数組が集合していました。
こちらのハギとヒガンバナも、そろそろ終盤を迎えています。

Jokomyoyokihi070928
楊貴妃観音像とハギ 美人祈願の観音様です

Yokihiyurai
楊貴妃観音像の由来
(クリックで拡大、更に右下の拡大マークで最大に)

Jokomyohagi070928
こちらのハギも大分散っています

Jokomyohiganbana070928
ヒガンバナの群生

初秋の薬王寺

いつもヒッソリ静かな薬王寺ですが、先ほど海蔵寺で写真を撮っていた方とすれ違いました。
皆さん、大体コースは一緒?
コムラサキ、シュウメイギク、ヒガンバナ、ミズヒキ等が見られました。

Yakuokomurasaki070928
コムラサキ

Yakuoshumeigiku070928
シュウメイギク

海蔵寺のハギとシオン

気を取り直して海蔵寺へ向かいましたが、ハギはそろそろ終盤のようでした。
例年、山門への石段は、両側に咲き乱れるハギをかき分けるようにしなければ上れないほどですが、今年は枝が短くて花も少ないように感じました。
境内にはいると、シオンが元気よく咲いていて、ピンクのフヨウもまだ健在でした。
ヒガンバナ、ホトトギスも見られます。

愛用のカメラをメンテナンスに出して9日目。
退院まで、あと一週間くらいかかりそうです(>_<)

Kaizohagitate070928
石段両側のハギ 大分散っています

Kaizoakahagi070928
赤いハギ

Kaizoshion070928
シオン

Kaizohigan070928
ヒガンバナ

Kaizomomiji070928
もみじが紅葉するまで、あと2ヶ月ほど?

英勝寺はお休み?

久しぶりの青空。
毎年見事なヒガンバナの群生が見られる英勝寺へ行ってみました。

すると、アレレ??
午後2時半頃なのに、通用門が閉まっています(>_<)
しかも、鍵までかけられて・・・
1時間後に通りがかったので、もう一度門の所へ行きましたが、やはりダメ。
ちょうどお墓参りにみえたらしい若い女性が、声をかけたり、チャイムを鳴らしたりしましたが、返事はありませんでした。
週末は、開くのでしょうか??

Eishomon070928
門に鍵が・・・(>_<)

Eishofujibakama070928
門前のフジバカマ 秋の七草のひとつ

Eishohigan060928
昨年のヒガンバナ

2007年9月23日 (日)

大くに

大町四ツ角の信号脇にある和菓子の老舗「大くに(おおくに)」。
創業は昭和11年、特上の原材料を使って、すべて手作りで製造しているそうです。
季節感あふれるお菓子は、上品な甘さで、大町に行ったときは、つい寄ってしまいます。

秋のお彼岸といえば、おはぎ。
粒餡、こし餡、黄粉、ゴマ、ずんだ等が並んでいて目移りします。
きんとん餡で出来た「赤とんぼ」も可愛かったです。
今日は、粒餡とゴマのおはぎ、そして、みたらし団子を買い求めました。
相変わらず美味しかったです(^-^)

Okuni070923

安国論寺のホトトギス

今日は秋分の日、お彼岸の中日で、三連休の真ん中です。
鎌倉は、凄い人出で、車も大渋滞の一日でした。

安国論寺は、お墓参りの人達で賑わっていました。
私も、その一人ですが・・・。
本堂前には、ホトトギスが沢山咲いています。
真っ赤なヒガンバナ、ピンクのシュウカイドウも見られました。

Ankokuhototogisu070923
ホトトギス

Ankokuhiganbana070923
ヒガンバナ

2007年9月21日 (金)

快晴の鎌倉文学館

鎌倉文学館への坂道は、緑が鬱蒼としているので、とても涼しく気持ちよく感じられます。
頭上では、過ぎゆく夏を惜しむかのようにツクツクボウシが一斉に鳴いていました。
快晴の庭園から、真っ青な由比ヶ浜が望めて、幸せな気分に浸れます。

今月の24日までは、「ともだちってなんだろう? 中川ひろたかと『ともだち』展」が開催されています。
なお、くん蒸と展示替えのため、9/25(火)~10/5(金)は休館ですので、ご注意下さい。 
10/6(土)から「中原中也 詩に生きて」が開催されます。

Bungakukaniriguti070921
文学館への坂道

Bungakukan070921
鎌倉文学館

Bungakukanniwa070921
庭園からは由比ヶ浜が望めます

光則寺にも秋の訪れ

今日は快晴で、気温も30℃近くあるようです。
光則寺は参詣客が少なく、長谷幼稚園からのにぎわいが聞こえてきました。
境内には、ハギ、ホトトギス、ヒガンバナ、ミズヒキ等が咲き、秋の訪れを感じさせてくれます。

Kosokuhagi070921
ハギ

Kosokuhototogisu070921
ホトトギス

Kosokusuifuyo070921
スイフヨウ

2007年9月18日 (火)

御霊神社の面掛行列

9月18日は、御霊神社(ごりょうじんじゃ)の祭神である「鎌倉権五郎景政(ごんごろうかげまさ)公」の命日です。
正午から例大祭、1時から鎌倉神楽(かぐら)、2時30分過ぎから面掛(めんかけ)行列が行われました。

2時頃、境内に到着すると、神楽の終盤でしたが、注連縄で囲われた空間の周りに何重にも人の輪が出来ていて、とても近くに寄れない状況でした。
以前にも何度か見ているのですが、輪の中心で神職が神楽を舞っているのです。
最後に天狗の面をつけた神職が供え物を参拝者に撒き、観客からドッと歓声が上がりました。

いよいよ神奈川県の重要無形文化財に指定されている面掛行列の始まりです。
子供の先導、囃子連、天狗に続き、爺、鬼、異形、鼻長、烏天狗、翁、火吹男、福禄寿、おかめ、女(産婆)の面をつけた十人衆、雅楽奏者、御神輿等が坂ノ下の町内を練り歩きます。
行列の中でも一番人気はおかめの面をつけた妊婦で、時々お腹をさすりながら歩き、後ろの女が扇であおぎます。
おかめのお腹をさすって安産祈願をする人も。

頼朝の寵愛を受けた村娘が身ごもり、年に一度村人の無礼講を許したのがこの祭りの起源という伝説もあり、「はらみっと」とも呼ばれています。
狭い通路は、人であふれかえっていて、平日なので少しは空いているかという考えは、大変甘いものだったと思い知りました。

Kagura070918
一昨年の神楽の様子

Hayashi070918
女の子ばかりの囃子連

Tengu070918
大きな天狗様 実は外国人のようです

Tenguashi070918
下駄が小さくて気の毒 
時々ふらついて、隣の方が支えていました

Shishi070918
獅子頭が先導

Men070918
Men2070918
まずは八人衆の面々

Okame070918
妊婦のおかめと女

Anzan070918
お腹をさすって安産祈願

Shinkan070918
神職の行列

Mikoshi070918
御神輿 台車に載っています

2007年9月16日 (日)

流鏑馬(やぶさめ)

快晴の下、鶴岡八幡宮で「流鏑馬神事」が奉納されました。
春の鎌倉まつりは「武田流」、秋の例大祭は「小笠原流」と、鎌倉では年に2回「流鏑馬」が行われます。

正午近くに境内に到着すると、もう一般席はほぼ埋まっていて、木陰の端の方に何とか潜り込ませてもらいました。
よい場所は、招待客と報道陣用なので、一般席の数が少ないんです。
早い人は、9時頃から場所取りをしているとのこと、遅くとも11時頃には行かないと、前の方は陣取れそうもありません。

午後1時から舞殿で神事が行われ、本番の流鏑馬が始まるのは2時頃。
皆、待ちくたびれた頃に美々しい武士の狩装束で、「射手(いて)」が入場します。
安全確認をした後、いよいよ「騎射」がスタート。
120間(けん 約216メートル)の馬場を全速力で駆け抜けながら、3ヶ所の的に矢を放ちます。
アッという間に3ヶ所全てに的中する人もいて、観客は拍手喝采です。
今日は、合計15騎が駆け抜けたそうです。

その後、流鏑馬終了の神事が行われたようですが、疲れたので帰路につきました。
木や観客の間から撮った写真で、よい出来ではありませんが、雰囲気だけでも感じていただければ幸いです。

Hachimankeidai070916
快晴の境内に続々と人が集まって・・・

Yabusame1070916
狩装束の射手が入場

Yabusame2070916
キリリと弓を絞り

Yabusame3070916
見事、的中!!

2007年9月15日 (土)

浄智寺のススキとシオン

曇りで時々小雨がパラつくかと思えば、午後からは晴れて暑くなりました。
今日、明日は、鶴岡八幡宮近辺は大賑わいでしょう。

混雑を避けて、久しぶりに浄智寺へ。
山門脇のススキの穂、書院庭のシオンやシュウメイギクが、秋の訪れを感じさせてくれました。

Jochisusuki070915
Jochisusuki0709152
ススキの穂が出てきました

Jochishion070915
シオンが元気に咲いています

Jochishumeigiku70915
シュウメイギク

Jochishukaido70915
シュウカイドウ

2007年9月14日 (金)

宝戒寺のハギ

萩寺として名高い宝戒寺
参道のハギは、まだほとんど花をつけていませんでした。
境内は、チラホラと咲き出しましたが、見頃はもう少し先です。
白いヒガンバナ、またスイフヨウがきれいでした。

Hokaisando070914
参道は、まだ咲いていません

Hokaishirohagi070914
境内はポツポツと咲き出しましたが、見頃はまだ先
白ハギが殆どです

Hokaihagipink070914
時に、こんなかわいい色のハギも

Hokaihiganbana070914
ヒガンバナも、やはり白がふさわしい

Hokaisuifuyo070914
鐘楼をバックに咲くスイフヨウ

鶴岡八幡宮のお祭り

久しぶりの青空、夏が戻ってきたようです。
今日から鶴岡八幡宮のお祭りが始まりました。
  
   ☆主なスケジュール☆
14日(金)18:00~ 宵宮祭
15日(土)10:00~ 例大祭
      13:00~ 神幸祭(御神輿、錦旗等の行列)
16日(日)13:00~ 流鏑馬(やぶさめ)神事
      17:00~ 鈴虫放生祭

八幡宮に近づくにつれ、お囃子が賑やかに聞こえてきました。
また、「ワッショイ、ワッショイ」というかわいい声が・・・
境内にある鶴岡幼稚園の園児達が、御神輿を担いでいるところにちょうど出会えました。

Ninotorii070914
二ノ鳥居前

Enjimikoshi070914
園児達の御神輿

Yabusamedo070914
16日には、ここで流鏑馬が行われます

Koyo070914
早くも紅葉している木も・・・

Hachimanhagi070914
八幡宮東側のハギ

2007年9月11日 (火)

大巧寺は秋の気配

朝から曇りがちの鎌倉です。
大巧寺(だいぎょうじ)の境内は、秋の気配が濃厚に感じられました。
次々と季節の花達が咲き出し、これからが楽しみ。

Daigyokomurasaki070911
コムラサキが大分色づいています

Daigyotamasudare070911
タマスダレ これは、ヒガンバナの仲間だそうです

Daigyoshumeigiku070911
シュウメイギクも咲き始め

Daigyootokoeshi070911
オトコエシ(男郎花)
黄色いオミナエシ(女郎花)と対比させてつけられたそうです
オミナエシより力強く感じられるでしょうか?

Daigyosanzashi070911
サンザシの実も随分赤くなっています

Daigyosuifuyo070911
ムクゲ

2007年9月 9日 (日)

甘縄神明宮の秋祭り

今日は、正午から甘縄神明宮の御神輿渡御が行われ、長谷の各町内会の子供神輿も後に続きました。
昔は露店も出て、もっと賑やかだったと思うのですが・・・
長谷在住の石渡鎌倉市長も、沿道からにこやかに見守っておられました。

Amaterasuoomikami
神社の祭神・天照大神はとても美人です

Mikoshi070909
皆さん、うれしそう♪

Kodomomikoshi070909
子供神輿もゾロゾロ・・・

Hasemikoshi070909
一時、車は通行止めに 
この後、長谷寺→大仏前→大谷戸→海岸へ

2007年9月 8日 (土)

祭礼準備の甘縄神明宮

長谷の鎮守・甘縄神明宮の例大祭は9月14日ですが、御神輿は明日の正午から渡御します。
境内は、提灯やぼんぼりで飾られていました。

Amanawa070908

力餅家

御霊神社のすぐ近くにある300年以上の歴史を誇る和菓子の老舗。
看板商品は、御霊神社にまつられている鎌倉権五郎景政(ごんごろうかげまさ)ゆかりの「権五郎力餅」です。
出来立ての柔らかいお餅に、甘みあっさりの餡が乗っていて、とてもおいしいです。
ただ残念ながら賞味期限が当日限りですので、日持ちのする求肥を餡でくるんだ「求肥 力餅」もあります。

Chikaramochiya070908
老舗の風格漂う力餅家

Mochi070908
本日のお買い上げ・・・権五郎力餅16個入り998円也

御霊神社で一息

海岸を歩いた後は、御霊神社のタブノキの木陰でホッと一休み。
9月18日の例祭には、鎌倉神楽(かぐら)とともに面掛(めんかけ)行列が催されます。
面掛行列とは、伎楽面や田楽面をつけた十人衆が坂ノ下町内を練り歩き、 豊作・豊漁を祈願するユーモラスでユニークな行事で、神奈川県の重要無形文化財に指定されています。
普段は静かな神社周辺も、お祭り当日には多くの見物客で賑わいます。

Goryojinja070908
蝉時雨の境内

Goryotabu070908
タブノキの間から日が射して

Goryoenoden070908
鳥居の前を江ノ電が通過

台風一過の海

大型の台風9号が首都圏を直撃、各地に大きなつめ跡を残しつつ、今日は北海道に進んでいます。
被害に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

昨日の朝には雨がほとんど止んだものの、台風一過の青空にはほど遠い一日でした。
今日、ようやく晴れてきたので海岸に行ってみると、いつもより強烈な磯の香りがします。
砂浜には、海草や流木等、いろいろなものが打ち上げられていました。

Sunahama070908
海草などが打ち上げられた砂浜

Sakanosita070908
風が強く、波も普段より高めです

Fune070908
今日は、しらす漁はお休みですね・・・三郎丸さん

2007年9月 4日 (火)

台風は?

台風9号が、今日夕方には小笠原諸島に接近し、6日には伊豆諸島南部に接近する見込みとか・・・?
鎌倉では、今日の昼過ぎ頃まで青空が出ていましたが、その後曇ってきました。
海岸は、暗い雲に覆われていましたが、波はまだ高くありません。

Sakanosita070904
坂ノ下海岸

2007年9月 3日 (月)

瑞泉寺のフヨウ

長時間歩くと暑いですが、さすがに一時ほどの猛暑は影を潜めています。
瑞泉寺の境内は、鬱蒼とした緑に覆われているため、よけい涼しく感じられました。
参詣客がまばらで静かな本堂周辺は、白いフヨウが優しげに咲いています。
ムラサキツユクサ、キンミズヒキ(金水引)、淡いピンクのムクゲ等もきれいで、咲き始めたシュウメイギクが、秋の訪れを感じさせてくれました。

Zuisenhondo070903
本堂周辺

Zuisenfuyo070903
フヨウ 庭園の奥にピンクのフヨウが見えましたが、一般は立入禁止区域でした

Zuisenkinmizuhiki070903
キンミズヒキ(金水引)が揺れて

Zuisenshumeigiku070903
シュウメイギクも咲き始めました

Zuisenmukuge070903
ムクゲ

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »