Amazon

« 光明寺のサルスベリとフヨウ  | トップページ | 雨上がりの長谷寺門前 »

2007年8月20日 (月)

昔懐かしいホオズキ

今年は、ホオズキの実が沢山なりました。
お盆に仏壇に供えるものも、自家製で間に合いましたよ。
子供の頃、この実を指先で揉んで、爪楊枝で中の種を出し、口の中で「ギュッギュッ」と鳴らして遊んだものです。
強く揉みすぎると皮が破れたりして・・・
久しぶりにやってみようと思います。
今の子供は、ミニトマトと間違えてしまうかもしれませんね。

Hozuki0708202 
Hozukimi070820
ホオズキ

モミジアオイも元気で、蕾を沢山つけています。
これは、見るからにハイビスカスの仲間ですね。

Momijiaoi070820
モミジアオイ

« 光明寺のサルスベリとフヨウ  | トップページ | 雨上がりの長谷寺門前 »

我が家の庭」カテゴリの記事

コメント

イリヤさん こんばんは
ホオズキの色のコントラストが とても綺麗ですね
私も子どもの頃に遊んだことがありますよ、あまり実が小さいといくら揉んでもなかなか柔らかくならず 袋を開けたとき大きな実が顔を出した時には、当たりくじを引いたようでとても嬉しかった想い出が   あります(笑)
 子どもの頃の思い出って大切ですね 
      久し振りに温かい気持ちになりました

花火さん、こんばんは!
うれしいコメントありがとうございました。
今年は、いつになく色鮮やかで大きなホオズキが沢山出来て、「ほおずき市」にでも出品したいくらいですよ。
って、それはチョット言い過ぎ(^_^;
写真のホオズキをしばらく揉んで、かなり柔らかくなったんですが、皮が切れそうで、まだ種を出せずにいます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197917/16181253

この記事へのトラックバック一覧です: 昔懐かしいホオズキ:

« 光明寺のサルスベリとフヨウ  | トップページ | 雨上がりの長谷寺門前 »