Amazon

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月31日 (火)

長谷寺のサルスベリ

2日間ひどい雷雨に見舞われましたが、今日は午後になってようやく晴れ間が出てきました。
雨上がりの長谷寺は、珍しく観光客が少な目で、植木の手入れをされている方や境内整備の方が目につきました。
入り口すぐのサルスベリは、まだ3分咲き程度でしょうか?
秋の七草のキキョウ、オミナエシを始め、ユリ、スイレン、ムクゲ等が境内に彩りを添えています。

Haseakasarusuberi070731
咲き始めのサルスベリ

Hasesarusuberi070731
こちらのサルスベリは、淡いピンクです

Hasekikyo070731
真っ白いキキョウとオレンジのオニユリ

Haseominaesi070731
こちらも秋の七草のひとつ・オミナエシ

Hasekanokoyuri070731
うつむいて咲いているカノコユリ

Hasetamaajisai070731
タマアジサイの蕾

Hasetake070731
雨上がりで竹がきれいです

2007年7月28日 (土)

本覚寺のサルスベリ

本覚寺では、予想以上にサルスベリが咲いていました。
もう見応え充分ですが、それでもまだ5分咲きくらいでしょうか?
サルスベリは、漢字で「百日紅」と書くだけあって、とても花期が長いので、これから当分楽しませてもらえそうです。

Hongakusarusuberi070728
見事に咲いているサルスベリ

Hongakutatesarusuberi070728
夷堂(えびすどう)をバックに

Hongakusaruhasu070728
ハスもまだ少し咲いていました

Hongakusarushoro070728
鐘楼のそばのサルスベリは、優しい色合い

Hongakuusopp070728
珍しく子ども連れの参詣客が多いと思ったら、お目当てはこちら!!
本覚寺は、”ONE PIECE・仲間を捜せラリー”のチェックポイントの
ひとつになっています

Komachidori070728
オマケ・・・こちらは小町通り
この夏は鎌倉中、麦わらの一味にジャックされています!!

妙隆寺のサルスベリ

妙隆寺のサルスベリの様子はどうかと立ち寄りましたが、残念ながらあまり蕾がついていないようでした。
フヨウが少しずつ咲き始めています。

Myoryusaru070728
サルスベリの蕾は少なそう・・・

Myoryufuyo070728
フヨウが咲き始めました

大巧寺

梅雨が明けたような陽気で、少し歩くと暑いです!!
大巧寺の境内は、少々寂しくなっていましたが、まだ名残のハスが咲いていました。

Daigyojihasu070728
強い日差しの中、紅白のハスが一輪ずつ咲いていました

Daigyoageha070728
アゲハチョウが羽を休めて・・・

2007年7月26日 (木)

三郎丸

いつもお世話になっている坂ノ下の「しらす直売・三郎丸」さん。
生しらす(315円)、釜揚げしらす・天日干ししらす・ちりめん(各525円)がありますが、その日の天候や時間帯によって、売っていないことも・・・。
今日は、生と天日干しをいただきました♪
(三郎丸の船員さんによるしらす日記・・・鎌倉しらす日記・三郎丸

(追記;2009年より、320円,550円に価格改定)

Saburomaru070726

成就院のタマアジサイ

今年は、アジサイが残念だった成就院
極楽寺側の参道にタマアジサイが咲き始めました。
開くとガクアジサイに似ていますが、蕾は丸い球のようで、そこから名前がつけられたようです。

Jojutamaajisai070726

Jojutamatubomi070726
タマアジサイ

Jojusando070726
参道からの海

蝉時雨の極楽寺

極楽寺の境内に一歩踏み入ると蝉時雨が降り注いできました。
古木の風格あるサルスベリが美しい花をつけ始め、その下にはオレンジ色のオニユリが咲いています。
こちらは現在、境内撮影禁止になってしまい残念です。
門前のフヨウはまだ咲いていませんでしたが、蕾が一杯でこれからが楽しみ。

Gokurakujifuyo070726
フヨウの蕾

御霊神社は盆踊りの準備中

アジサイが終わって、ヒッソリとした御霊神社
境内に提灯が飾られているのでうかがってみると、27日(金)、28日(土)の19時から「納涼盆踊り大会」が開かれるとのこと。
花と緑の抽選会もあるそうですよ。

Goryojinja070726
社殿

Goryobonodori070726
盆踊りの準備中

Osiroibana070726
おしろい花 
子どもの頃、黒い実の皮をむいて中の白い粉で遊んだものです
今の子どもは、そんなことしないのでしょうね?

2007年7月25日 (水)

梅雨明けはまだ?

久々の2日続けての晴天に、由比ヶ浜海岸は海水浴客で賑わっていました。

Kaisuiyoku070725

Ukiwa070725

海の家にも活気が見られるようになりましたが、特に大人気なのが、「ワンピース・ビーチ・ハウス」です。
週刊「少年ジャンプ」に掲載中のコミック「ONE PIECE(ワンピース)」の掲載10周年を記念して、「サウザンドサニー号」を模した海の家が登場!!
船に乗って記念撮影をしたり、海賊料理を食べたり、特製グッズを買う人達で、行列が出来ていました。
鎌倉市内&江ノ電沿線のチェックポイントをめぐるスタンプラリーのゴールにもなっています。(各イベントと海の家は8月19日まで)
また、江ノ電では「ワンピース」ラッピング車両が登場し、オリジナルグッズも発売しています。

Onepiece0707251
子ども達は大喜び

Onepiece070725
ナイスバディの美女は、キャラクターのフィギュアですので、念のため

2007年7月23日 (月)

和のハーブ

庭で取れた大葉とミョウガ。
これを薬味にお昼は素麺をいただきました。
どちらも香り高い”和のハーブ”です。

ミョウガは、”食べ過ぎると物忘れがひどくなる”と言われていますが、逆に香り成分に集中力を増す効果があることが明らかになっているそうです。
ちなみに私は、ミョウガを食べても食べなくても、物忘れがひどい
です(^^;

Ohba070723

2007年7月20日 (金)

フラワーセンター・祝45周年

朝から久しぶりに青空がのぞきました。
フラワーセンター大船植物園は、今年で45周年を迎えるそうで、入り口正面に紅白のベゴニアで作られた壁面花壇が設置され、45という文字が浮かび上がっています。

お目当てのハスは、少々ピークを過ぎたようで、ジョウロの先のような実が目立ちました。
でも、ハス田を巡る200mの散策路から、目の高さより高い位置に咲くピンクの花は、とてもきれいです。
また、多種類の鉢植えの園芸品種も楽しめます。

Fc45nen070720
45周年おめでとうございます!

Fchasu070720
背丈が高いハス田のハス

Fchasusiro070720

Fchasuhachi070720
上の2枚は、鉢植えのハス

Fchimawari070720
ヒマワリが咲き始めました

Fcbenisujiyamayuri070720
幻の花「紅筋山百合(ベニスジヤマユリ)」
自生しているヤマユリの変異種で、花弁に鮮やかな赤い筋が入っている、10年に1度の割合で発見される非常に貴重なユリ
県内では、ここでしか見られないそうです

Fcsarusuberi070720
サルスベリも咲き出しました
濃淡のピンク、藤色等種類が豊富

Fcpensirubania070720
温室のスイレン「ペンシルバニア」

2007年7月19日 (木)

海蔵寺のノウゼンカズラと桔梗-2

いつ訪れても、清々しく手入れの行き届いた海蔵寺
今日は珍しく参詣客が誰もいず、ご住職が手入れされる植木バサミの音だけが聞こえてきました。
しみじみと静寂を味わうことが出来、ただただ感謝!

Kaizofuyo070719
山門を入ると咲き始めのフヨウがお出迎え
サルスベリも少し咲き始めました

Kaizonozenkazura070719
Kaizonozenkazurakasa070719

ノウゼンカズラは、まだきれいです

Kaizokikyo070719
キキョウも美しく咲いています

Kaizonosuiren070719
裏庭のスイレンもまた・・・

浄光明寺の泰山木-2

前回もご紹介した浄光明寺の泰山木(タイサンボク)、花期が長いんですね。
まだ何輪かきれいに咲いていました。
サルスベリやハギも咲き始めています。

Jokomyotaisanboku070719
タイサンボク

Jokomyosarusuberi070719
咲き始めたサルスベリ

鶴岡八幡宮のハス

鶴岡八幡宮にハスの様子を見に行きました。
前回よりもかなり大輪の沢山の花が、源平池を紅白に彩っています。
源氏の白旗と平氏の赤旗にちなんで、源氏池には白いハス、平家池には赤いハスが植えられたようですが、今は混在していて、源氏池に赤いハスが多いように思われます。
ハスの見頃は早朝ですが、9時過ぎに行っても充分楽しめました。

Hachimanhasukouhaku070719
紅白のハスが沢山咲いています(源氏池)

Hachimanhasusiro070719
真っ白のハスも美しい(平家池)

Hachimanhasutatepink070719
旗上弁財天への橋をバックに(源氏池)

Hachimankamo070719
私もいますよ(平家池のカモ)

2007年7月16日 (月)

今年のサルスベリは?

昨年は、全般的にあまり元気のなかったサルスベリですが、今年は期待が持てそうです。

Hongakuji070716
本覚寺の小さい方の木には、もう花が見られました
蕾も一杯・・・

Honkoji070716
昨年は殆ど花の見られなかった本興寺のサルスベリ
今年は元気で、蕾が沢山ついています

光明寺のハスは?

台風4号がようやく去ったと思ったら、今度はまた新潟、長野県で震度6強の大地震が起きてしまいました。
被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。

毎年、光明寺の記主庭園では、美しい古代ハスが楽しめますが、今年は残念ながら、あまり期待できそうもありません。
葉も花も、とても少なくて元気がないようでした。
21,22日は観蓮会が予定されています。
来年は、また美しい花に出会えることを期待しましょう。

Komyoji070716
今年の記主庭園

Komyoji050717
2005年7月17日撮影の古代ハス

2007年7月15日 (日)

台風一過?

台風4号の影響で昨日から強かった風雨も、午後には止んで明るくなり、台風一過と思いきや・・・また雨が降ってきました。
暗い空と湿った空気の中に鮮やかなオレンジ色のオニユリだけが元気です。

今日は、江ノ島八坂神社と腰越小動神社の神幸祭、横浜みなと祭りの花火大会等が予定されていたのですが・・・

Oniyuri070715
オニユリ

2007年7月11日 (水)

妙本寺のノウゼンカズラ

雨露を含んだ樹々で覆われた参道を上ると、山門の向こうに鮮やかなオレンジ色が輝いています。
左右2本のノウゼンカズラがすばらしい!!
祖師堂に向かって左側の木は、落ちている花もかなりありますが、まだまだきれいです。

女性カメラマンが5,6名、皆さん立派なカメラに三脚をお持ちで、思い思いのアングルを求めて転々とされていました。
横浜市泉区からみえたそうで、市内の私は羨ましがられました。
確かに徒歩圏内に多くの名所があるところに住んでいるのは幸せですね。

Myohonnozen070711
満開のノウゼンカズラ

Myohonsanmonnozen070711
山門をバックに

Myohonnichirennozen070711
日蓮上人像と

Myohonajisai070711
名残のアジサイ

本覚寺のハス-2

このところ梅雨前線が活発に活動し、鎌倉でも昨夜はかなりの雨が降りました。
今日も降ったりやんだりで、雨の合間にお散歩。
本覚寺のハスは、今日もきれいに咲いています。

Hongakuhasu070711
Hongakuhasusiro070711

2007年7月 6日 (金)

大巧寺のアガパンサス

前回アガパンサスが咲き始めだった大巧寺
今日は、アマギノクサキも咲いていて、とてもきれいでした。

Daigyojitate070706
Daigyoji070706
アガパンサス(薄紫)とアマギノクサキ(ピンク)

海蔵寺のノウゼンカズラと桔梗

ノウゼンカズラが咲き始めると、やはり海蔵寺も忘れてはいられません。
谷戸の奥のお寺に到着し、まず出迎えてくれたのがハギ。
地面すれすれくらいに刈り込んであったハギも、すっかり葉が繁り、早くも花が咲き始めていました。

山門をくぐると、ノウゼンカズラの朱色とキキョウの紫が眼に飛び込んできます。
ノウゼンカズラは、咲き始めたところで、まだ満開には間がありそうでした。
本堂裏の庭園には、ハンゲショウとスイレンが涼しげに咲いています。

Kaizohagi070706
ハギが咲き始めています

Kaizotatenozenkazura070706
庫裡横のノウゼンカズラ

Kaizokikyo070706
キキョウがきれい

Kaizotatehangesho070706
裏庭のハンゲショウとスイレン

鶴岡八幡宮・明日は七夕

明日は七夕。 天の川が見られるといいですね!
鶴岡八幡宮の舞殿に華やかな七夕飾りが揺れています。
明日の17時から七夕祭が執り行われます。

Hachimantanabata070706
七夕飾りの舞殿

Hachimantatetanabata070706
願い事は、梶の葉の色紙や絵馬に書かれて

Hachimanhasu070706 
今日のハス

2007年7月 5日 (木)

青蓮寺(しょうれんじ)

約1,200年前に弘法大師によって開かれたといわれる青蓮寺
観光ルートからはずれているので、いつもヒッソリと静かなお寺です。
今は、ギボウシ、ヒメヒオウギズイセン、ミソハギ、ユリ等が咲いています。
また、境内に敷き詰められた玉砂利の間から沢山のコスモスが顔を出していて、うっかりすると踏んでしまいそうでした。

Shorentategibosihiogi070705
ギボウシとヒメヒオウギズイセン
アジサイは、もうお終い

Shorenmisohagi070705
ミソハギ

Shorenyuri070705
ユリ

Shorencosmos070705
コスモスが咲き始めました

ヤマユリ

神奈川県の花「ヤマユリ」、近頃は見る機会が少なくなってしまったような気がします。
笛田の道路沿いの斜面に咲いていました。

Yamayuritate070705
Yamayuri070705

2007年7月 2日 (月)

光則寺のハンゲショウ

夏至から11日目に当たる7月2日頃(天球上の黄経100度の点を太陽が通過する日)のことを“半夏生(ハンゲショウ)”といい、農家にとっては大事な節目の日で、この日までに田植えを終えることが好ましいそうです。

難しいことはよく分かりませんが、植物の“半夏生”もこの頃に花をつけるから、この名前になったということです。
別の説では、葉の一部が白くなるので、“半化粧”ともいわれます。

光則寺では、今、ハンゲショウ、ノウゼンカズラがきれいで、ハスも咲き出しています。
外塀沿いのアジサイは、さすがに色あせてきました。
鎌倉でハンゲショウの群生が見られるのは、ここ光則寺と鎌倉中央公園、大船フラワーセンター等です。

Kosokuhangeshoajisai070702
ヤマアジサイ越しのハンゲショウ

Kosokuhangesho070702
ハンゲショウのアップ

Kosokunozenkazura070702
山門横のノウゼンカズラ

Kosokuhasu070702
ハス 午後で花びらが閉じていました

Kosokuajisai070702
外塀沿いのアジサイ

2007年7月 1日 (日)

スイレンと金魚

庭の池・・・ならぬ陶製の鉢に、小さなかわいいスイレンが咲いています。
金魚が仲良く同居。

Suirenkingyo070701
真っ白なスイレンと真っ赤な金魚(ボーッと見えますが)

Hiougizuisen070701
ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)も色鮮やかです

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »