Amazon

« 長谷寺は大盛況! | トップページ | 貞宗寺のアジサイ »

2007年6月11日 (月)

長谷寺の紫陽花と花菖蒲

平日の朝一番でも、開門時には10名ほどの列が出来る長谷寺
まずは、長谷寺で命名されたという新種のアジサイ「かまくら」にご挨拶。
楚々とした上品な額紫陽花ですね。

Ajisaikamakura070611
         新種アジサイ「かまくら」

観音堂のある上境内から、40種以上、2,500株の紫陽花が咲き誇る「眺望散策路」へ上ります。

Haseajisaikinsibai070611
アジサイの間に黄色のキンシバイが彩りを添えて

Haseakasansakuro070611
鎌倉の街並みと由比ヶ浜を一望
朝は曇っていたので、海が霞んでいて残念

Hasemurasaki070611
観音堂や経蔵の屋根を見下ろして
 
Haseiroirosansakuro070611
色とりどりのアジサイと竹林がマッチしてます

下境内に戻ると、鯉の泳ぐ放生池には花筏(はないかだ)に乗ったハナショウブが揺れて、初夏の風情を楽しめます。

Haseshobukoi070611
長谷寺名物の花筏に乗ったハナショウブ

Haseshobu070611
ハナショウブは、やはり紫色が一番好きです

Hasetateshobu070611
ハナショウブ越しの山門

キキョウやビヨウヤナギも見られます。

Hasekikyo070611
秋の七草のひとつキキョウ

Hasetatebiyoyanagi070611
ビヨウヤナギ

« 長谷寺は大盛況! | トップページ | 貞宗寺のアジサイ »

鎌倉散歩・夏(6~8月)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
このお寺の散策路のアジサイは、
素晴らしいですね。
カメラを持ってゆっくりの散歩は、
健康にも良いし気持ちが安らぎますね。
2.500株のアジサイが全部咲いたら、
それは見事でしょうね。
花筏は初めて拝見しますが水に浮かせて、
有るのですか?
ハナショウブは私も紫が好きな色ですね。
キキヨウとハナショウブがとっても綺麗です。

ピータンさん、こんばんは。
長谷寺は、大きな十一面観音像が祀られているお寺なのですが、近年特に「花と眺望の寺」をコンセプトに庭園造りに力を入れています。
規模では、鎌倉一の「花の寺」といえるでしょう。

ゆっくり散策したいのですが、早朝以外は一年中混んでいて、特にアジサイの季節はかなりの人出です。
その上残念なことは、心ないカメラマンが禁止区域にも三脚を持ち込むなど、勝手な振る舞いが目につきます。

花筏は、木製のプランターのようなもので、そこにハナショウブを植え込み、池に浮かべています。
花の季節以外は、他の場所で栽培しているそうです。


「かまくら」かわいい品種ですね。
長谷寺の紫陽花は、種類、株数、眺望、どれをとっても鎌倉ではNo.1(対抗は成就院?)と言っても過言ではないですね。
でも、観光客の数もNo.1(対抗は明月院?)なのでゆっくり見る事ができないのがタマにキズですね。
 
三脚持込みカメラマン、困ったものですね。
きっと最初からモラルが無いから「三脚禁止」と書かれても、何でダメなのか理解できないんでしょうね。
三脚使わないでサクッと撮るのが粋だと思うんですが・・・。

「かまくら」いいですね!
紫陽花は種類が多すぎて、名前の特定が難しいです。
今年は成就院がダメだったので、尚更長谷寺に観光客が集中してしまったのかもしれません。
観光地の宿命ですから、仕方ないですが・・・

マナーの悪いカメラマンは、長谷寺に限りませんが、中には注意されて逆ギレする人もいますから困ったものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197917/15396819

この記事へのトラックバック一覧です: 長谷寺の紫陽花と花菖蒲:

« 長谷寺は大盛況! | トップページ | 貞宗寺のアジサイ »