Amazon

« ブラシノキ(ブラシの木) | トップページ | 長谷の市 »

2007年5月18日 (金)

花の香りに包まれる光則寺

光則寺の山門に近づくにつれ、果物のような甘い香りが漂ってきました。
その香りに誘われるように境内に入ると、そこもまた・・・
お寺の方にお聞きしたところ、香りのもとは、カラタネオガタマ、ニオイバンマツリ、テイカカズラのようでした。

一番強い香りが、バナナのような香りと名札にあったカラタネオガタマで、山門横と境内に10本ぐらいあるそうです。
4~5mの木に2cmほどの小さくて地味な花がついていますが、かなり強い芳香がします。

紫色から藤色、そして白と色が変わっていくニオイバンマツリと他の木にからみついているテイカカズラは、ジャスミンのようなほのかな香りです。

Ogatama
            カラタネオガタマ
Nioibanmaturi
            ニオイバンマツリ
Teikakazura
              テイカカズラ

鉢植えのヤマアジサイが、少しずつ咲き出しました。
本番は、まだこれからです。
普通のアジサイに比べて小振りで地味な感じがしますが、よく見ると様々な花の形をしていて楽しめます。

Kurenai
            紅(クレナイ)
Iyatemari
           祖谷(イヤ)テマリ
Mikatayae
          美方八重(ミカタヤエ)

蓮の鉢にメダカとオタマジャクシが泳いでいましたよ。
写真では、チョット分かりづらいかもしれませんが・・・

Medaka

« ブラシノキ(ブラシの木) | トップページ | 長谷の市 »

鎌倉散歩・春(3~5月)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197917/15115419

この記事へのトラックバック一覧です: 花の香りに包まれる光則寺:

« ブラシノキ(ブラシの木) | トップページ | 長谷の市 »