Amazon

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月30日 (金)

光明寺の桜

午後からは、材木座、大町方面に・・・。
明日・明後日と観桜会が催される光明寺では、ちょうど見頃を迎えていました。
山門も特別公開されるので、出来たら境内全体の桜を上から見てみたいと思いました。
今日の鎌倉も賑やかでしたが、週末は桜の見頃のところが沢山あって、さぞ混雑することでしょうね。

Komyosakura070330
                本堂前
Komyosanmonsakura070330
                 山門側
Komyokisyusakura070330
                 記主庭園

長勝寺の桜

長勝寺の桜も満開でしたが、時間的に逆光になってしまい残念でした。
このお寺のシンボルである日蓮上人像が、春爛漫の境内を見下ろされています。

Choshosakura070330
Choshonichiren070330

本興寺のしだれ桜

本興寺のしだれ桜にも間に合わないかと心配でしたが、こちらは何とか満開の状態に出会うことができました。
こちらのしだれ桜は、ピンク色が特に濃いようです。

Honkosakura070330
Honkosakura0703302

長谷寺の桜

ここ数日、居眠りをしている間に家の周囲の山々がだいぶ桜色に染まってきました。
今朝は雷雨に見舞われましたが、晴れてきたので、長谷の花の様子を見に行きました。
長谷寺のしだれ桜は、もう葉が沢山出て、花もかなり散ってしまい、今年は残念ながらよい時季を逃してしまいました。
でも、観音堂への石段のしだれ桃と大黒堂前の桜が、ほぼ満開の状態で出迎えてくれました。
桜は、1本でも満開になると、周囲がパッと華やかになりますね。
海棠は、5分咲き程度でしょうか。

Hasesakura070330
Hasesakura0703302
                 桜
Hasemomo070330
               しだれ桃
Hasekaido070330
               海棠(カイドウ)

光則寺の海棠-2

光則寺の海棠(カイドウ)は、ちょうど見頃を迎えていました。
本堂右側の古木(市指定天然記念物)は、かなり咲いてきています。
でも、境内には若木が何本もあり、こちらはまだ蕾も沢山持っていますので、しばらく楽しめそうです。
山門のしだれ桜は、もう盛りを過ぎてしまいましたが、参道の桜が満開で美しいです。

Kosokukaido070330
Kosokukaidoup070330
               海棠
Kosokusakura070330
               参道の桜
Kosokusidare070330
              しだれ桜

2007年3月23日 (金)

本覚寺のしだれ桜-3

明日は、友人2人の鎌倉案内役を仰せつかったので、どのようなルートにするか下見に出かけました。
まずは、本命の本覚寺に。
しだれ桜が、かなり咲いてきていて、しあわせ地蔵さんもニッコリ!
カメラマンが集まってきた中、お子さん連れで2~3家族一緒に来られた方から、シャッターを押すのを頼まれました。
カメラを提げていると、上手な人と勘違いされてしまうのかもしれませんが、これがチョット苦手です。
見ず知らずの方を撮影した後、その出来にさぞガッカリされたのでは?・・・と毎回冷や汗が出そうになります。
かといって、無下に断る勇気もなく・・・。
その点、花やお寺は、どのように撮っても文句を言わないので、本当にありがたいです。

Hongakusakura070323_1

Hongakusakurajizo070323 

妙本寺

妙本寺の桜は、まだまだだろうと思って行ってみると、遙か上空に何輪か開花していました。
このくらいでは、咲いているとも言えない状態ですが・・・。
こちらの海棠もほころびはじめたところです。

Myohonsakura070323
               桜

Myohonkaido070323
              カイドウ

鶴岡八幡宮の柳

早咲きの桜は終わり、ソメイヨシノはまだ固い蕾の鶴岡八幡宮
源氏池畔の柳が新芽を吹いて、美しい新緑が青空に広がっていました。

Hachimanyanagi070323

谷口屋

本覚寺門前のお米屋さんがやっておられる、おにぎりと甘味のお店です。
今まで何度となく前を通っていましたが、初めて店内へ。
20種類以上のおにぎりがズラッと並んでいるので、目移りしてどれを選ぶか迷ってしまいます。
おすすめは玄米おにぎりということで、いろいろ取り混ぜてテイクアウトしました。
具がたくさん入っていて味付けもよかったのですが、ご飯にもう少し塩気があった方がもっと美味しいと思いました。

Taniguchiya

Onigiri070323
      一人分ではありませんので、念のため

2007年3月22日 (木)

海蔵寺のユキヤナギ

例年は、3月末から4月初旬に見頃を迎える海蔵寺のユキヤナギが、今年はもう満開です。ボリュームがあって見応えがありますね。
山門を入ってすぐのミツマタも満開、海棠は光則寺と同様、蕾が少しほころび始めたところでした。

Kaizoyukiyanagi070322
              ユキヤナギ

Kaizomitumata070322
              ミツマタ

Kaizokaido070322
              カイドウ

光則寺のしだれ桜

光則寺の山門前のしだれ桜。
枝先の花は、それほど開いていないのですが、上方はかなり咲いてきています。
しだれた枝先に咲いてこそ、しだれ桜の風情があるのですが・・・。

Kosokusidare070322

2007年3月21日 (水)

春の花が次々と・・・

寒さと暖かさが繰り返される今日この頃ですが、季節を忘れずに咲いてくれる花達にいつも癒されます。
我が家の庭も、スモモ、椿、ヒマラヤユキノシタ、スミレ、クロッカス等、春の花が次々と咲いて、賑やかになってきました。

Iesumomo0321
               スモモ

Ietubaki0321
                椿

Iesirotubaki0321
                椿

Ieyukinosita0321
            ヒマラヤユキノシタ

2007年3月20日 (火)

七里ヶ浜より

今日は晴れて、割合暖かかったので、久しぶりに七里ヶ浜へ・・・。
期待通り江ノ島と富士山がクッキリと見えました。
波も穏やかで、文字通り春の海をしばし堪能。

Shichiriyori070320

安国論寺

安国論寺では、山門脇のツツジと境内の水仙が色鮮やかに咲いていました。
他には、キブシ、ボケ、アミガサユリ(別名バイモ)、フキノトウ等が見られます。
山門前と境内のしだれ桜は、両方ともポツポツと咲き始めたところで、見頃にはまだもう少しかかりそうです。

Ankokututuji070320
               ツツジ

Ankokusuisen070320
               水仙

Ankokukibusi070320
              キブシ

2007年3月19日 (月)

光則寺の海棠

光則寺といえば、やはり海棠(カイドウ)が一番に思い出されます。
市の天然記念物に指定されている本堂前の海棠は少し開きかけ、山門前のしだれ桜も蕾がほころんできたところでした。
昨年の見頃は、しだれ桜が3月末、海棠が4月はじめでしたが、今年はどうなるのでしょうか?
また、ミツマタ、トサミズキが満開で境内に彩りを添え、参道の桃もきれいです。

Kosokukaido070319
           海棠(カイドウ)

Kosokumitumata070319
            ミツマタ

Kosokutosamizuki070319
            トサミズキ

Kosokumomo070319
             桃

2007年3月17日 (土)

九品寺のボケ

午前中はとても寒く、一時風花が舞いましたが、午後から晴れてきたので、材木座方面へ足を延ばしてみました。
九品寺の名物となっているボケは、まだ蕾もあるものの満開を少し過ぎてしまった感があります。

明日は、江ノ島水族館前をスタートする湘南国際マラソンが開催されますが、気温が低めで晴れというマラソンには絶好の日和になりそうです。
東京マラソン同様、無事故で成功しますように!

Kuhonbokeaka070317

Kuhonbokepink070317

Kuhonbokepink0703172

光明寺

毎年見事な桜で埋もれる光明寺の境内。
今は、ユキヤナギが風に揺れ、ハナモモが天に向かって咲いていました。
今年の観桜会は、3月31日(土)・4月1日(日)だそうですが、見頃はいつになるのか気がもめるところです。

Komyotubomi070317
             桜の蕾

Komyoyukiyanagi070317
            ユキヤナギ

Komyomomo070317
             ハナモモ

2007年3月15日 (木)

本覚寺のしだれ桜-2

一週間前に膨らみかけていた本覚寺のしだれ桜は、ここ数日寒い日が続いたためか、まだほんの2,3輪が開いたところでした。
気象庁も開花予想を訂正するなど、この季節は桜に翻弄されそうですね。
写真は、しあわせ地蔵さんに見守られるしだれ桜、水仙、椿です。

Hongakusakura070315

Hongakusuisen070315

Hongakutubaki070315

2007年3月12日 (月)

浄智寺の鐘楼門

改築中だった浄智寺の鐘楼門が、ほぼ完成しました。
まだ地面にはブルーシートを被せてありますが、真新しい銅葺きの屋根が輝いています。
先月奥様にお話を伺ったとおり、境内の欅も柱として立派に再生されたことでしょう。
鐘楼門近くには、桜草、ミツマタ、ヒュウガミズキが満開です。
また、レンゲ草、椿、クリスマスローズ等も咲いて、境内は春の香りに満ちていました。

Jochimon070312

Jochisakuraso070312

Jochimitumata070312

Jochirengeso070312

東慶寺

東慶寺の境内に入ると、すぐ右手のハクモクレンが目に飛び込んできました。
青空に向かって、大きく伸びをしているようです。
その下には真っ赤なボケ、少し進むと黄色と白のラッパズイセン、奥には黄色と赤のミツマタが見られます。
梅の季節が終わり、ゆったりと参詣できました。

Tokeihakumokuren070312

Tokeisuisen070312

Tokeimitumata070312

2007年3月11日 (日)

夕暮れの富士

今日は朝から雨。
お昼頃には薄日が射しましたが、また曇ってきました。
写真は17:45頃、深沢中学校の上から見た富士山です。
日が伸びてきました。

Fujifukasawa_1 

2007年3月10日 (土)

八幡宮の桜

朝から穏やかな暖かさで、鎌倉は観光客で賑わっていました。
鶴岡八幡宮の境内では、あちらこちらで桜が見られます。
写真上から、太鼓橋横・平家池側、旗上弁財天、流鏑馬道西側の桜です。

Hachimansakura070310

Hachimanosimasakura070310

Hachimannisigawasakura070310

税務署前

税務署前のハクモクレンが青空に向かって咲いています。
税務署員さん達は、今が一番お忙しいので、お花見の余裕なし?

Zeimusyomokuren070310

2007年3月 8日 (木)

大巧寺の寒緋桜

龍宝寺同様、大巧寺でも寒緋桜(カンヒザクラ)が咲き、境内が華やいでいます。
茶花に使われるという清楚な利休梅も咲き始めました。
今日は気温は低めですが、風もなく穏やかで、我が家にいても朝からウグイスのさえずりが聞こえていました。

Daigyokanhizakura0703

寒緋桜

Daigyorikyubai0703

利休梅

本覚寺のしだれ桜

例年3月下旬には、美しい花を咲かせてくれる本覚寺のしだれ桜。
もう、蕾が膨らみかけています。
今年は暖冬なので、いつもより早く咲くのでは・・・と楽しみです。

Hongakusidare0703

2007年3月 7日 (水)

龍宝寺

龍宝寺の境内には玉縄幼稚園があり、園児達の元気な声が響きます。
梅はほぼ終わり、寒緋桜(カンヒザクラ)が満開でした。
紅白のボケ、黄色いオウバイ、ミツマタ、紅白絞りの椿等が咲き、紫モクレンも咲き始めています。
これから、桜、ポピー、シャクヤク等、色とりどりの花が次々に見られ、楽しみな季節が待っています。

Ryuhokanhizakura070307

寒緋桜

Ryuhoboke070307

ボケ

Ryuhoobai070307

黄梅

貞宗寺再び

数日前には、まだ蕾だったハクモクレンの様子を見に貞宗寺を再訪しました。
ちょうど見頃になっていて、青空によく映えます。
真っ白な鳥が無数にとまっているようでした。

Teisohakumokuren070307

Teisohakumokuren0703072

2007年3月 3日 (土)

大巧寺

鎌倉駅に程近く、いつもお花の絶えない大巧寺
椿の種類の多さでは、鎌倉1,2番では?
1番上の写真は、卜伴(ぼくはん・月光)という名前で、オシベの先が変わっています。
また、コブシの仲間で、花びらが細長く大きく開くシデコブシ(ヒメコブシ)も咲き始めました。淡いピンクがかった可憐な花で、蕾が沢山ついていましたから、これからが楽しみです。
他にも、ミツマタ、ボケ、トサミズキが咲き、寒緋桜が今や遅しと出番を待っています。

Daigyotubaki070303

Daigyokobushi070303

Daigyomitumata070303

2007年3月 2日 (金)

仏行寺の梅

隠れたツツジの名所・仏行寺では、しだれ梅が満開です。
大きな木ではないのですが、それだからこそ花に勢いがあるのでしょうか。

Butugyoume070302

Butugyoume0703022

貞宗寺

徳川秀忠の祖母・貞宗院を祀った貞宗寺(ていそうじ)は、植木にあります。
紅梅・白梅・椿が満開で、大きなハクモクレンはまだ蕾ですが、これが開花したらさぞ見事と思われます。
また、「鎌倉と三浦半島の古木・名木50選」のキャラボクという木も立派なものです。

Teisoume0703

Teisomokuren0703

円光寺の梅

こちらも植木にあるお寺、円光寺。
白梅と紅白咲き分けのふっくらした梅が満開です。

Enkohakubai0703

Enkoume0703

2007年3月 1日 (木)

鶴岡八幡宮

昨日の強風は大分おさまりましたが、花粉症の方々にとっては辛い季節が当分続きそうです。
鶴岡八幡宮では、三ノ鳥居をくぐってすぐ左側に桜が咲き出しました。
ソメイヨシノよりピンク色が濃く、寒桜のようです。
馬が食べると酔ったようになるという馬酔木(アセビ)も咲き、石段上の河津桜は満開です。
また、源平池には、水鳥がゆったりと泳いでいますが、一羽のカモが餌を求めて池から上がって来ました。

Hachimansakura070301

Hachimanasebi070301
馬酔木

Hachimankawadu070301

河津桜

Kamo070301

カモ

荏柄天神社

今年も長期間楽しませて貰った荏柄天神社の梅ですが、見頃はほぼ終わり。
山門前の咲き分け「想いのまま」も、散りかけていました。
代わって本殿横のミツマタが満開で、カメラマンの被写体となっています。

Egaraomoinomama070301

Egaramitumata070301

瑞泉寺

市の天然記念物に指定されている瑞泉寺の黄梅は、もう満開を過ぎてしまっていました。
その他の梅も、見頃のものが何本かはあるものの、そろそろ終盤を迎えています。

Zuisenoubai070301

Zuisenume070301

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »